Ontology for Global Environmental Domain

The Life Domain of the Earth and the Sun, twin of celestial sphere

book 8 「例旨」附言 'Usage Guide appendix'

16141: 天冊之天者〉性也〉鬱浡之活也〉地冊之地者》体也》混淪之立也》地冊二部。為没為露。二部四界。

16141: 「天冊」の範疇領域で論じるのは地球環境世界の生命活動である。「地冊」は二部構成で、物質領域と非物質領域があり、それぞれ更にふたつに分かれている。

16141: The types domain of the 'Heaven book' is concerned with the activities of life in the global environmental world. The 'Ground Book' consists of two parts, the material domain and the immaterial domain, each of which is further divided into two parts.

16144:  天界之目〉曰宇宙〉曰方位〉

16144:  物質領域の中の非物質領域は、排反性の原理によって空間と時間に分かれ、さらに時間的方向と空間的位置に分かれる。

16144:  The immaterial domain within the material domain is divided into space and time by the principle of incompatibility, and further divided into temporal direction and spatial location.

16145:  機界之目〉曰転持〉曰形理〉之為没部〉

16145:  物質領域の中の運動軌道領域は、排反性の原理によって回転軌道と昇降運動軌道に分かれ、さらに回転軌道が成立する球体構造と昇降運動が成立する重力線軌道に分かれる。これが物質界の非物質領域を形成している。

16145:  The kinetic orbital domain within the material domain is divided by the principle of incompatibility into rotational and ascending orbits, which are further divided into spherical structures where rotational orbits are established and gravitational line orbits where ascending and descending motion is established. This forms the immaterial domain of the material domain.

16146:  体界之目》曰天地》曰華液》

16146:  物質領域の中の物体領域は、排反性の原理によって天球と地球に分かれ、それと排反して太陽気象の領域と地球気象の領域に分かれる。

16146:  The object domain within the material domain is divided into celestial and terrestrial by the principle of incompatibility, which in turn is divided into a solar meteorological domain and an earth meteorological domain.

16147:  性界之目》曰日影》曰水燥》之為露部》

16147:  物質領域の中の生命領域は、排反性の原理によって太陽気象圏と宇宙の暗黒に分かれ、それと排反して大気と水からなる水冷圏が生まれる。これらが物質界の生命領域を形成している。

16147:  The life domain within the material domain is divided by the principle of incompatibility into the Solar Meteorological Sphere and the cosmic darkness, which in turn creates the hydrosphere, consisting of the atmosphere and water. These form the life domain of the material domain.

16148-50:方位者〉宇宙之痕〉形理者〉転持之静〉於是宇宙転持為綱〉

16148-50:現在から発生する過去と未来、および自己定位点から定められる位置は共に宇宙の痕跡である。「形」は地球の中心から天球にまで広がる同心球を意味し、「理」は地球の中心から天球に向けて伸びる無数の直線群を意味する。

16148-50:The past and future arising from the present and the positions defined from the self-localisation point are both cosmic traces. The Kanji letter '形' mean the concentric sphere extending from the earth's own centre to the celestial sphere, and '理' mean the innumerable group of straight lines extending from the earth's own centre to the celestial sphere.

16151:  天地華液者》性体之物》

16151:  排反性の原理によって分離された天球と地球はこの環境世界の構造体であり、太陽の光圏と地球の水圏が生命発生の領域である。

16151:  The celestial sphere and the Earth, separated by the principle of incompatibility, are the structures of this global environmental world, with the photosphere of the Sun and the hydrosphere of the Earth being the domains of life generation.

注: この行は、以下の文aと文bを共通する語で束ねたもので、私はこれを束ね書きと呼んでいるが、簡単に言えば圧縮ファイルである。圧縮の理由はこんにちと同じで紙面と時間の節約するためである。

 a. 天地者》体之物》
 b. 華液者》性之物》

ただし、天地者》体之物》而華液者》性之物》と書いてくれていればと思う。「玄語」にはこういう文が随所に出現する。

Note: One of Baien's own writing systems has been established but is difficult to translate into English, so it will be omitted. In short, it is a sentence written using a regular character abbreviation technique similar to modern compressed files.

16152:  日影水燥者》性体之気》

16152:  太陽の光と宇宙の暗闇と、水圏とそれを取り巻く大気圏は、生物が活動する領域である。

16152:  The light of the sun and the darkness of space, the hydrosphere and the atmosphere surrounding it, are domains in which living organisms operate.

16153:  於是天地華液為綱〉

16153:  そういう仕組だから、この環境世界の構造体としては、天球と地球、太陽の光圏と地球の水圏の四者を最大単位とする。

16153:  Because of that structure, the four largest units of structure in this global environmental world are the celestial sphere, the earth, the sun's photosphere and the earth's hydrosphere.

16154:  自一二分合之別剖之〉宜先以天地之動〉形理之静》探没中動静天地。

16154:  排反性の原理から考えて、まず、天球と地球の運動と、地球の中心から発する同心球と同心直線群から地球環境世界の非物質的な構造を知るべきである。

16154:  In view of the principle of incompatibility, we should first know the immaterial structure of the global environmental world from the motion of the celestial sphere and the earth, and from the concentric spheres and groups of concentric lines emanating from the earth's own centre.

16156-57:而以天地之体〉華液之性》偶露中体性天地。以繹其條理焉。

16156-57:その上で天球と地球の基本構造と、太陽と地球による内部エネルギーの循環を考慮して、その物質的な地球環境世界を非物質的な構造と一致させて考える必要がある。そしてそこに排反性の原理があることを知るべきである。

16156-57:It is then necessary to consider the basic structure of the celestial sphere and the earth and its material global environmental world in agreement with the immaterial structure, taking into account the circulation of internal energy by the sun and the earth. And that is where the principle of incompatibility should be found.

16158-59:宇宙者精。自以方位為天地。

16158-59:時間と空間は精緻なものであり、時間の流れる方向を天とし、空間の定位する位置を地としている。

16158-59:Time and space are elaborate, with heaven as the direction in which time flows and earth as the location where space is localised.

16160-61:而宙者則袞袞之通〉能潜宇内。一宇容没露之為一球者。而天地立焉。

16160-61:そうして時間は絶え間ない流れであって空間の中に潜在している。その空間は、いま述べた同心球と同心直線群という非物質構造と、天球と地球という物体的構造を存在させている。

Time is thus an incessant flow, latent in space. That space gives existence to the immaterial structures of the concentric spheres and concentric linear groups just described, as well as the object structures of the celestial spheres and the earth.

16162-63:天地以体成物〉華液以性成物〉

16162-63:地球環境世界は、天球と地球とその物象とし、太陽の光圏と地球の水圏が生み出す生命場を以てその物象としている。

16162-63:The global environmental world is made up of the celestial sphere, the earth and its physical phenomena, with the life field produced by the photosphere of the Sun and the hydrosphere of the earth.

16164-65:日影以色気播》水燥以性才布》

16164-65:太陽と宇宙の暗黒は電磁波を拡散させており、地球の水圏と大気圏は生命圏を生み出している。

16164-65:The sun and cosmic darkness diffuse electromagnetic waves, while the Earth's hydrosphere and atmosphere create a biosphere.

16166-68:華則日影〉液則水燥》水火者。本持中之物。

16166-68:地球環境世界の光熱領域には太陽と宇宙の暗黒があり、水領域には大気圏と水圏がある。火と水は本来は地上の現象である。

16166-68:The photothermal domain of the global environmental world includes the sun and the cosmic dark, while the water domain includes the atmosphere and hydrosphere. Fire and water are essentially terrestrial phenomena.

16169-70:或以為華液。蓋水火之称。於地有専主。拡称華液。在天言日月。皆因其性而言。

16169-70:その水火を拡張して光熱領域と水領域としたのだが、水と火という名前は地上に指示対象を持っているので、拡張して光熱領域と水領域としたのだ。天空にあるものを太陽と月という。どれもその性格によって命名している。

16169-70:We extended that water and fire and made them the light and heat domain and the water domain, but the names water and fire have their directing objects on the ground, so we extended them and made them the light and heat domain and the water domain. Those in the sky are called the sun and the moon. They are all named according to their character.

16171-72:於体界既言華液。於性界亦言華液。唯言有詳略然。

16171-72:宇宙規模での物質領域の中の物体領域でも光熱領域と水領域について書き、地上の生命領域においても同じ領域を語っているから、説明に詳細なところと省略したところがあるが、それはむしろ当然のことだ。

16171-72:Since I writtern about the photothermal domain and the water domain in the object domain within the material domain on a cosmic scale, and we talk about the same domains in the life domain on earth, it is rather natural that some details and some omissions are included in the explanation.

16173-74:一者体而合〉以成其條貫〉二者分而反》以観其理析》

16173-74:高次領域は下位領域を合わせているから、そこに二分木が成立する。下位領域は、排反性の原理によって高次領域から分かれたものであるから、それぞれに内部構造の違いがある。

16173-74:Since the higher domain is a combination of two lower domains, a binary tree is established there. The lower domains are separated from the higher domains by the principle of incompatibility, so they have different internal structures.

16175-76:火之虚之象〉水之実之質》皆物也。

16175-76:火は定まった形を持たずに燃え上がり、水は手で救うことが出来るような性質を持っているが、ともに物質の現象である。

16175-76:Fire burns without a definite form and water has properties that can be saved by hand, but both are phenomena of matter.

16177-78:天地華液。雖隔体性。而同有体。而華液以反対反。以具向闕。

16177-78:天球と地球と太陽の光圏と地球の水圏は、形体的であるか熱循環的であるかという違いはあるが、固有の存在様態を持つことにおいては同じである。光圏と水圏は排反対事象であるから、融合して生命圏を作る。

16177-78:The celestial sphere, the Earth, the photosphere of the Sun and the hydrosphere of the Earth differ in terms of whether they are morphological or thermo-cyclical, but they are the same in terms of their specific mode of existence. Since the photosphere and hydrosphere are incompatible twin events, they merge to form the biosphere.

16179-81:不合彼。則不能成此。故体界之華液者。以虚象之物偶実質之物。而其所成。合此成彼。合彼成此。

16179-81:排反対事象の一方が他方と一致するのでなければ、それらが融合した領域を創造することはできない。だから形体領域である天球や地球と熱循環領域である光圏と水圏は、排反対事象であるから融合するのである。

16179-81:Unless one of the incompatible twin events coincides with the other, it is not possible to create a domain in which they merge. So the form domains, the celestial sphere and the earth, and the heat circulation domains, the photosphere and hydrosphere, fuse because they are incompatible twin events.

16182:  華液既於体界為物。物自有己之気。

16182:  太陽の光圏と地球の水圏は形体領域に物質として存在しており、それぞれ固有の性質を持っている。

16182:  The photosphere of the Sun and the hydrosphere of the Earth exist as material in the form domain and have their own specific properties.

16183-84:故。性界〉則日影播明暗之色〉寒熱之気〉水燥布乾潤之性》滋煦之才》

16183-84:だから熱循環領域では、太陽の光圏と宇宙の暗闇が加熱と冷却を現象化させる。一方、水と大気は乾燥と潤いが生命にとっての水と暖かさをもたらす。

16183-84:So in the thermal circulation domain, the photosphere of the sun and the darkness of space make heating and cooling a phenomenon. On the other hand, the dryness and moisture of the water and atmosphere provide water and warmth for life.

16185-86:故條貫観脈之通〉理析観用之別》

16185-86:故に、排反性の原理においては二分木の連鎖を見ることができ、相反する内部系統においてはその作用の違いを観察できる。

16185-86:Hence, a chain of binary trees can be seen in the principle of incompatibility, and differences in its action can be observed in the conflicting internal systems.

16187-88:是以。天地華液。相得成一球。而日影水燥。各領不占心之圏。布政於上下。

16187-88:是を以て、天球・地球・太陽の光圏・地球の水圏は、融合して地球環境世界となる。そうして太陽の光圏と宇宙の暗闇および水と大気は、それぞれ中心を占めない球であって天空と大地を治めている。

16187-88:This is why the celestial sphere, the earth, the sun's photosphere and the earth's hydrosphere merge to form the global environmental world. Thus, the sun's photosphere, the cosmic darkness and the water and atmosphere are spheres that do not own centres and govern the sky and ground respectively.

16189:  於是宇一容没露之一球。一球分連環。

16189:  そこから考えると広大な宇宙空間は、時空間・運動軌道などの非物質領域と天球・地球・光圏・水圏を収容しており、それは太陽中心圏と地球中心圏に分けられていることが分かる。

16189:  From this, it can be seen that the vast space domain accommodates non-material domains such as space-time and orbits of motion, as well as the celestial, earth, photosphere and hydrosphere, which are divided into the sun-centred and earth-centred spheres.

16190-92:於是宇者〉含而一〉日影水燥者》吐而二》以成大物矣。

16190-92:だから宇宙空間は全体的なものである。光圏と暗黒、水圏と大気圏は排反対事象であり、地球環境世界を構成する最大単位となる。

16190-92:So space is holistic. The photosphere and the dark, the hydrosphere and the atmosphere are incompatible twin events and are the largest units that make up the global environmental world.

16193-94:宇則一中具方位。合転持天地容之。而其華液既立其体。体立而其性気施其才用。

16193-94:宇宙空間はその中に時間の方向と定位点からの測位可能性つまりその位置を持つ。そして天球内部の回転運動と地上の昇降運動を合わせた運動空間の中に地球環境世界を容れている。太陽の光圏と地球の水圏はわれわれに先立って存在している。光圏と水圏がこのように存在することで、それぞれのその性質は生命創造の作用を持つ。

16193-94:Space has within it the direction of time and a locating point, i.e. its position from a locating point. The global environmental world is contained in a space of motion that combines the rotational motion of the inner celestial sphere and the upward and downward motion of the earth. The photosphere of the sun and the hydrosphere of the earth exist before us. The photosphere and hydrosphere exist in such a way that their respective properties have a life-creating effect.

16195-96:読地冊者。宜先識此意。而後探天地。

16195-96:物質界の非物質領域と物質領域を読む人は、まずこの意味を理解してそののちにこの地球環境世界を探る必要がある。

16195-96:Readers of the immaterial and material domains of the material world need to first understand what this means and then explore this global environmental world.

16197-99:一者不数而足。故剖之至不可破〉猶不欠一〉加之至不可載》猶不至一》

16197-99:この本で「一」という代数で示したものは、人が数える前にすでに存在している全体性を示している。だから、これを分割不可能なところまで分割して行ってもその全体性を失うことはない。この全体性を寄せ集めて大きくしていっても「一」に到達することはない。それは数えることも計ることもできない超越的なものである。

16197-99:The algebraic representation of 'one' in this book shows a wholeness that already exists before one can count it. Therefore, it does not lose its wholeness even if it is divided to the point of undividability. Even if this wholeness is gathered together and enlarged, it will never reach 'one'. It is the transcendent, which cannot be counted or measured.

16200-01:一元気玄也。二者挙一闕一。言具見闕。亦玄也。

16200-01:語ることのできない始原の存在がある。排反性の原理によって二分割した一方のものを取り上げれば、他方のものは失われている。一方に備わったものは他方にはなく、相互にそのような関係に置かれる。だから全体が見えることはない。だから排反対事象は語ることのできない始原の存在の写像となる。

16200-01:There is a primordial existence that cannot be spoken of. If we take away one of the two divisions by the principle of incompatibility, the other is lost. What is present in the one is absent in the other and is placed in such a relationship with each other. So the whole cannot be seen. So incompatible twin events become a mapping of the unspeakable primordial being.

16202-05:或曰玄而玄。則何待子之言。玄而不玄。則何用言玄。待言玄而後玄。玄不足為玄。玄不待言玄。何益子之言。曰故玄也。

16202-05:或る人が私に尋ねた。もしそれが、語り得ないことならば、あなたの言説を知る意味があるのだろうか? 語り得ないことであって語りうるのならば、なぜそれを語り得ざるものというのか? 語られたことによって語り得ざるものを知るのであれば、それは語り得ざるものとは成らないのではないか? 語り得ざるものが語り尽くせぬものならば、どうしてあなたはそれを語ることが出来るのだろうか? 私は答えた、だから語り得ざるものなのだと。

16202-05:Someone asked me. If it is unspeakable, what is the point of knowing your discourse? If it is unspeakable and it can be spoken of, why call it unspeakable? If we know the unspeakable by what is spoken, does that not make it unspeakable? If the unspeakable is unspeakable, how can you speak of it? So it is unspeakable, I replied.

16206-08:以天地剖侌昜〉天地各具侌昜〉以侌昜観天地》侌昜各具天地》分合之道。無適不然也。

16206-08:排反対事象である陰と陽を同じく排反対事象である天と地で分ければ、陰と陽はともに天地構造を持つ。陰と陽の中に天地を見れば、陰と陽はそれぞれ天地構造を持つ。分かれるか合するかの仕組みはどこまでもそうなっている。

16206-08:If yin and yang, which are incompatible twin events, are divided by the heaven-earth structure, which is also an incompatible twin event, then yin and yang both have a heaven-earth structure. If you look at heaven and earth in yin and yang, yin and yang each have their own heaven-earth structure. This is how the mechanism of division or merging works.

16209: 講條理。須審剖析対待之経緯。

16209: 誰であっても地球環境世界を構成する排反性の原理を論じるのであれば、まず排反対事象の発生の仕組みを明らかにすべきである。

16209: If anyone wants to discuss the principle of incompatibility that constitutes the global environmental world, they should first clarify the mechanism by which incompatible twin events occur.

16210-11:剖析有混粲食吐之観〉対待有反比分合之態》

16210-11:排反性の原理によって生み出される自然界の二分木構造には、分岐前と分岐後と、分岐後の存在様態の相違と相互補完性がある。対応関係には類推できるものと類推できないものがあり、二分木の統合と展開がある。

16210-11:The binary tree structure of nature produced by the principle of incompatibility has differences and complementarities between pre-branch, post-branch and post-branch modes of existence. There are analogous and non-analogous correspondences, and there are integrations and expansions of binary trees.

16212-13:剖析則一而二〉対待則一偶一》

16212-13:排反性の原理によって生み出される自然界の二分木構造は一対二の関係であり、分かれたものの対応関係は一対一の関係である。

16212-13:The binary tree structure of nature produced by the principle of incompatibility is a one-to-two relationship, and the correspondence of the divided is a one-to-one relationship.

16214: 侌成昜成之圏。與侌成昜成之天地。不同焉。

16214: 陰の圏と陽の圏、陰の天地と陽の天地は同じものではない。

16214: The yin sphere and the yang sphere, and the heaven and earth of yin and the heaven and earth of yang are not the same.

16215-17:曰天圏〉曰日影之圏〉便昜成之圏也〉曰地圏》曰水燥之圏》便侌成之圏也》共不占心之環。分而成二。

16215-17:天球と光圏は陽の圏であり、地球と水圏は陰の圏である。ともに中心を占有しない圏であって分離してふたつの領域を形成している。

16215-17:The celestial sphere and the photosphere are the yang sphere, while the earth and the hydrosphere are the yin sphere. Both are spheres that do not occupy their own centres and are separated to form two domains.

16218-20:転持形理之没〉天地華液之露》共占心於中。合而成一。

16218-20:天体の回転領域と地球の重力圏、およびその運動軌道は非物質で不可視であり、天球と地球、太陽の光圏と地球の水圏は物質であり可視的である。かつ、ともに中心を所有して地球環境世界を作る。

16218-20:The rotational domain of the celestial bodies and the Earth's gravitation sphere and their orbits of motion are immaterial and invisible, while the celestial sphere and the Earth, the Sun's photosphere and the Earth's hydrosphere, are material and visible. And together they own centre and create the global environmental world.

16221:  圏就外円而言。環依中虚而言。

16221:  「圏」は外を取り巻く水圏・光圏などの領域の名である。「環」は天球のように中心を持って回転する運動の名である。

16221:  '圏' is the name of an area, such as the hydrosphere or photosphere, which surrounds the outside. '環' is the name of a revolving motion with a centre, such as the celestial sphere.

16222-24:天地之形其円如毬。故地球即地毬。水火之地襲其上。或併之謂実毬〉或分地毬実毬〉

16222-24:天球と地球は毬のようだ。だから地球は地毬と書いても良い。水と火はその上を覆っている。

16222-24:The celestial sphere and the earth are like a ball. So the earth can be written as a ground ball. Water and fire cover it.

注: 梅園はここで「地球」という語を使っているが、これが最初期の記録のひとつであろう。

Note: Baien uses the term 'earth' here, which is probably the one of the earliest record of this.

16225-27:日月之毬》襲水燥之上》或併天》謂虚毬》或分天毬虚毬》與曰圏曰環。意稍異矣。

16225-27:太陽と月は水圏と体験の上を回っている。夜空と青空を合わせて非物体の球体と言っても良い。「圏」と「環」では意味に違いがある。

16225-27:The sun and moon orbit above the hydrosphere and experience. The night sky and the blue sky together can be described as a non-object sphere. There is difference in meaning between 'sphere' and 'ring'.

注: 江戸中期ではまだ地球が丸いということが理解されていなかった。庶民は中華思想の自然感をそのまま受け入れていたので、大地は四角であり、空はドームのようなものだと思っていた。

Note: In the mid-Edo period, it was not yet understood that the earth was round. The common people had accepted the natural sense of Chinese thought as it was, so they thought that the ground was square and the sky was like a dome.

16228: 直円就其正而言。規矩由持平而言。

16228: ひとつの中心から放射状に伸びる無限の直線群(直)とその中心から広がる無限の同心球群(円)が自然の本来の形状であり、地軸の中心線(矩)とそれを中心として描かれる緯線(規)は二次元の直線と円周である。

16228: An infinite group of straight lines radiating from one centre and an infinite group of concentric spheres extending from that centre are the original shape of nature, while the centreline of the earth's axis and the lines of latitude drawn around it are two-dimensional lines and circumferences.

16229:  西中東中。西線東線。即赤道黄道也。

16229:  天球の西向きと東向き、西向きの円周と東向きの円周と書いているが、それは結局、天の赤道と黄道である。

16229:  It says that the celestial spheres face westwards and eastwards, the circumference westwards and eastwards, which are, after all, the celestial equator and ecliptic.

16230-31:守軸環軸。即赤軸黄軸也。従処異其声。非主之異也。

16230-31:「守軸」と「環軸」は、要するに天の赤道面に垂直な軸と天の黄道面に垂直な軸のことである。名前は異なるが指示対象は同じである。

16230-31:The terms '守軸',hold axis, and '環軸',ring axis, are, in essence, the axes perpendicular to the equatorial plane of the heavens and the ecliptic plane of the heavens. Although the names are different, the indicative objects are the same.

16232:  曰輪軸。曰弦弧。所假而譬不同矣。

16232:  輪と軸も弦と弧も、異なるものを借りているが、天球の赤道と赤軸などの比喩である。

16232:  Both rings and axes and strings and arcs are borrowed from different things, but they are metaphors for the celestial equator and equatorial axis, for example.

16233-34:体界所言。則天地華液之体。性界所言。則色気性才之用。

16233-34:体界で説明しているのは、天球・地球・光圏・水圏であり、性界で説明しているのは、光圏とそれがもたらす現象、生命の生存可能領域と生命の発生である。

16233-34:What is described in the Form domain are the celestial sphere, the earth, the photosphere and the hydrosphere, while what is described in the Life domain are the photosphere and the phenomena it gives rise to, the viable domain of life and the emergence of life.

16235:  然而性中属色於明暗。

16235:  ではあるが、性界では光圏は明るさと暗さ、つまり昼と夜となって現れる。

16235:  In the life domain, however, the photosphere appears as light and dark, i.e. day and night.

16236:  属性於乾潤。則亦有対色界之性界。

16236:  生命領域を乾燥と潤いという点から見れば、光圏とは別の生命領域が見えてくる。

16236:  If we look at the life domain in terms of dryness and moisture, we see a different life domain from the photosphere.

16237-38:明暗曰色。黒白曰彩。気曰交。物曰接。條理之言也。然散言者。従通称。

16237-38:明暗を統合して「色」といい、黒から白までの色彩を「彩」といい、無形のものの交わりを「交」といい、有形のものの交わりを「接」という。これらはこの本で定義された語であるが、その他は汎用されている語を用いた。

16237-38:Light and dark are integrated and referred to as 'photosphere', colour from black to white is referred to as 'colour', the intermingling of intangible things is referred to as 'communion' and the intermingling of tangible things is referred to as 'tangent'. These are the terms defined in this book, while others are generic terms. If we look at the life domain in terms of dryness and moisture, we see a different life domain from the photosphere.

16239-46:この間の文は当時の漢方医学に対比させて人体を語っているが、現代の医学の方が格段に優れているので割愛する。

16239-46:この間の文は当時の漢方医学に対比させて人体を語っているが、現代の医学の方が格段に優れているので割愛する。

16239-46:The intervening sentences speak of the human body in contrast to the Chinese medicine of the time, but modern medicine is significantly better, so I will omit them.

16247-49:一者不数而足。故剖之至不可破。猶不尽一。加之至不可載。不至一。故強命曰一元気。

16247-49:語ることのできない存在は数える前から存在している。だからこれをいくら細分化しても無くなることはない。これをいくら足していっても一に到達することはない。だからこれを語ることのできない存在と言うことにする。

16247-49:Existence has existed before it can be counted. So no matter how much you subdivide this, it will never disappear. No matter how much you add it up, you will never reach one. That is why we call it an 'Unspeakable existence'.

16250:  挙一闕一。言具見闕。故曰玄。

16250:  排反対事象の一方を挙げれば他方を失う。一方に備わっているものを知れば他方の欠落を見ていることになる。だからその両方を統合したものは言明不可能なのだ。

16250:  If you mention one of the incompatible twin events, you lose the other. If you know what one is equipped with, you see the lack of the other. So the integration of both of them is undecidable.

注: 梅園がここで語っていることはルビンの壺を例にするとわかりやすい。顔を見れば壺は見えず、壺を見れば顔は見えない。顔に目鼻はあるが壺にはない。その両者を統合したものは超越的な何者かである。

Note: What Baien is talking about here is easy to understand using the example of the Rubin jar. If you look at the face, you cannot see the jar, and if you look at the jar, you cannot see the face. The face has eyes and nose, but the jar does not. What unites the two is the transcendent something.

16251-55:或曰既玄也。何言玄為。以言而示。何以玄焉。玄而玄焉。何待乎子。玄而不玄。徒徒観子之労。予答曰。故玄也。

16251-55:或る人が言った。それは語り得ないものである。なぜ語りえぬと言いながらそれを言葉で示そうとするのか? 何を以て語りえぬものとするのかと。語りえぬものが語りえぬのであるならば、なぜあなたの言説を知らねばならないのか。語りえぬものであって語りうるのであれば、あなたの努力は徒労に帰すのではないかと。私は答えて言った。だから語り得ざる存在なのだと。

16251-55:Someone said to me. It is unspeakable. Why do you say it is unspeakable and then try to show it in words? What makes it unspeakable? If the unspeakable is unspeakable, why should I know your discourse? If what is unspeakable can be spoken, then your efforts will be in vain. I replied and said. So it is the unspeakable.

16256-57:以天地観侌昜。天中亦具侌昜。地中亦具侌昜。

16256-57:天地構造の中に陰と陽を見ると、天の中にも陰陽が備わっているし、地の中にも陰陽が備わっていることが分かる。

16256-57:If we look at yin and yang in the heaven-earth structure, we can see that the heaven is equipped with yin and yang, and that the earth is equipped with yin and yang.

16258-59:以侌昜観天地。侌中亦具天地。昜中亦具天地。分合之道。無適不然也。

16258-59:陰と陽の中に天地構造を見ると、陰の中にも天地構造が備わっているし、陽の中にも天地構造が備わっていることが分かる。分かれることと合することの仕組みはどこまでもそのようになっている。

16258-59:When we look at the heaven-earth structure in yin and yang, we see that the yin has a heaven-earth structure and the yang has a heaven-earth structure. The mechanism of dividing and merging is like that everywhere.

16260-62:露中分色体之二界。色者性之見也。体者天地也。性者華液也。之為体性之分。

16260-62:時空間に現れ出た領域は、太陽の光圏と天球領域に分かれている。光圏は生命世界の発現である。天球領域は天球と地球から成り立っている。生命世界は光圏と水圏から出来ている。これが排反対事象としての生命領域と天球領域の区分である。

16260-62:The domain that emerged in space-time is divided into the photosphere of the sun and the celestial domain. The photosphere is the manifestation of the life-world. The celestial domain consists of the celestial sphere and the earth. The lifeworld is made up of the photosphere and the hydrosphere. This is the division between the life domain and the celestial domain as incompatible twin events.

16263-64:液則水燥合地球。華則日影合天球。之為天地之分。

16263-64:水圏は水と大気を地球表層に一致させている。電磁波領域は光圏と宇宙の暗闇から出来ており天球に一致している。ここに排反対事象としての天球と地球がある。

16263-64:The hydrosphere is made up of water and atmosphere coinciding with the earth's surface. The electromagnetic domain is made up of the photosphere and the darkness of space and coincides with the celestial sphere. Here we have the celestial sphere and the earth as incompatible twin events.

16265-67:読露部者。不弁之。則将迷其弁焉。故水火。地上言者。字之正詁也。通天地而言。指華液。

16265-67:この本の天球論生命圏論を読む人はこれらをよく理解しなければ戸惑うばかりだろう。だから水と火は古来より地上の現象を指して名づけられたものだが、天球規模に拡張していうときは光球と水球のことを意味する。

16265-67:Readers of the Celestial Theory of the Biosphere in this book will only be confused if they do not understand them well. So water and fire have been named for terrestrial phenomena since ancient times, but when extended to the celestial scale, they mean the photosphere and the hydrosphere.

16268-69:読者宜尋繹声主分之。勿以死声認活主。

16268-69:読者はまず名と指示対象の一対一対応の関係を明確にし、自然界に指示対象を持たない中身のない名前をあたかも実際に存在するかのように思ってはならない。

16268-69:The reader must first clarify the one-to-one correspondence between the name and the indicated object, and must not think of a name without content, which has no indicated object in nature, as if it actually exists.

16270-71:比者反之偶。謂反則有於此者。無於彼也。謂比則有於此者。有於彼也。

16270-71:類推可能性は類推不可能性の排反対事象である。排反対事象においては一方にあるものは他方にはない。双方の内部においては一方にあるものは他方にもある。

16270-71:Analogical possibility is the incompatible twin events of analogical impossibility. In incompatible twin events, what is in one is not in the other. In the interior of both, what is in one is also in the other.

16272:  而比方之比与反比之比別。

16272:  ただし、計量可能性と類推可能性は別である。

16272:  However, there is a distinction between measurability and analogability.

16273: 交接之義。於気言交。於質曰接。

16273: 交わるか接するかということに関して言えば、気分・感覚・色彩・臭いなどの無形のものは交わるものであり、物体としての形を持つものは接触するものであるという違いがある。

16273: When it comes to intersecting or coming into contact, the difference is that intangible things such as moods, sensations, colours and smells are intersecting, whereas things that have form as objects are coming into contact.

16274: 東西之行。西曰転。東曰運。

16274: 天球の西廻りと東廻りの回転は、前者が日周運動であり、後者が年周運動である。

16274: The westward and eastward rotations of the celestial sphere are diurnal in the former case and annual in the latter.

16275-76:歳時之行。成于日月者。曰歳。成于水燥者。曰運。

16275-76:自然の時間的変化には、太陽や月が決める規則的な変化と、塩の満ち引きや季節の移り変わりのような厳密に規則的でない変化がある。

16275-76:Temporal changes in nature include regular changes determined by the sun and moon, and changes that are not strictly regular, such as tides and seasonal changes.

16277-78:心之営。出于意作者。曰為。出于感応者。曰運。

16277-78:心の営みにおいては、意図的に行う行為と感覚的に行う行為がある。

16277-78:In the workings of the mind, there are intentional and sensory acts.

16279-80:象者。在天可見者之称。質者。在地可取者之称。

16279-80:青空や夜空の星星も含めて、天空にあってみることが出来る現象を天文現象と言う。その排反対事情として、生物か無生物かを問わず地上にあって手で触れる諸物体がある。

16279-80:Astronomical phenomena are those that can be seen in the sky, including the blue sky and the stars in the night sky. The opposite is the case with objects, living or inanimate, on the ground that can be touched with the hand.

16281-82:気象或分日影而称。大言則日影共象。虚動者曰気。

16281-82:気象現象は太陽がもたらす現象と宇宙の暗黒がもたらす現象を分けて語る場合があるが、大きく見れば両者はともに気象現象である。これに対して天球の回転のような動きは非物質の動きである。

16281-82:Meteorological phenomena are sometimes discussed separately as phenomena brought about by the sun and phenomena brought about by cosmic darkness, but broadly speaking they are both meteorological phenomena. In contrast, movements such as the rotation of the celestial sphere are non-material movements.

16283-84:気質或分水燥而称。大言則水地共質。麁濁者曰気。

16283-84:地表の水循環においては水と大気に分かれているが、大きく見れば表土を含めて水循環の中にある。煙や砂埃のようなものは無形のものである。

16283-84:In the hydrological cycle of the earth's surface, it is divided into water and air, but in the larger scheme of things, it is in the hydrological cycle, including the topsoil. Things like smoke and dust are intangible.

16285:  火者在地而対水者。而大言則日在天之火也。

16285:  火は地表に存在する現象で水と対立する。しかし、大きく見れば太陽がその大元であるから太陽は天の火であると言って良い。

16285:  Fire is a phenomenon that exists on the surface of the earth and is opposed to water. However, in the bigger picture, the sun is its main source, so it can be said that the sun is the fire of heaven.

16287-88:然日火自有専主。故天日地水之偶。自古無専称。故今称華液。以為偶名。

16287-88:しかし太陽と火にはそれぞれ指示対象がある。だから太陽と地上の水循環には古来より名称がない。だからいま「華」光圏と「液」水圏と名づけて排反対事象とする。

16287-88:However, the sun and fire have their own directing objects. That is why the sun-ground water cycle has not had a name since ancient times. Therefore, I have now named them the '華 -photosphere' and the '液 -hydrosphere' as incompatible twin events.


inserted by FC2 system inserted by FC2 system