General systems theory for the global environmental world

The Life Domain of the Earth and the Sun, twin of celestial sphere


黄鶴版・復元版ともに全編の編集 北林達也(1952~)

超漢字Vによる各分野向け訓読版
訓読指南 五郎丸 延 Goromaru Hisashi



【天象運行】天文現象と気象現象の運行について The Operation of Astronomical and Meteorological Phenomena

06024-30: 直而有端》呼吸分気於中》呼吸唯一直気》半辺内吸》半辺外呼》直之道也》呼極則吸》吸極則呼》円之道也》

06024-30: 大気の上昇下降の運動領域には上端と下端が在る。加熱上昇と冷却下降は大気をその領域内で分けている。上昇と下降は同じ大気の流れである。下降気流は上空から地表に大気を降ろし、上昇気流は地表から上空に大気を吹き上げる。これは地球の引力に沿った動きである。上昇が極限に達すれば上空を移動して下降に転じ、下降気流が地表に達すれば地球表面を移動して上昇に転ずる。これが大気循環の仕組みである。(注)

 注:すでに書いたがこれはハドレー循環のことである。今日では大気循環はより詳細に解明されている。

06024-30: The ascending and descending domains of motion have an upper and lower end. The heating ascent and cooling descent divide the atmosphere within that domain. Ascending and descending are the same atmospheric flow. Descending air currents bring air down from the sky to the surface while ascending air currents blow air up from the surface to the sky. This movement is following the Earth's gravitational pull. When the updrafts reach their extreme limits, they move over the sky and turn downward, and when the downdrafts reach the surface, they move over the Earth's surface and turn upward. That is how atmospheric circulation works.(*1)

 *1 As already mentioned, this is the Hadley circulation. Today, atmospheric circulation is understood in much greater detail.

06031-36: 以長逝》而吸乎此》呼乎彼》以循環而南北呼吸》往復為輻》気為呼吸》物為発収》故気呼得物発而為夏》気吸得物収而為冬》

06031-36: それによって大気は遠くに行き、極地で下降し赤道で上昇する。循環することによって南と北で地球が息をする。上昇と下降は大気の呼吸作用となる。生き物は活発になったり活動を弱めたりする。大気の加熱上昇は生き物を活発にして夏となり、冷却下降は活動を終息させて冬になる。

06031-36: It causes the atmosphere to travel farther, descending at the poles and rising at the equator. The circulation allows the earth to breathe in the south and north. The rise and fall is the respiratory action of the atmosphere. Creatures become more or less active. The heating up of the atmosphere makes the creatures more active and makes summer, while the cooling down brings activity to an end and makes winter.

06037-41: 日與地》隔居於天地》南北呼吸》以分環守》外則運転》内則呼吸〉転持無所不動矣〉上則散虚》下則実結》天地無所不静矣》

06037-41: 太陽と地球は、存在する場所を隔てている。黄軸と地軸、および大気の上昇と下降は、天球上の回転と地球の大気圏に分かれる。外気圏(宇宙圏)においては年周運動と日周運動をし、重力圏では大気が上昇下降する。天体の回転と重力圏においては動かないところがない。逆に、内部は地球圏を構成する。外気圏と地球圏は静的である。
  Static nature        Dynamic nature

06037-41: The sun and the earth are separated in their places of existence. The yellow and earth axes, as well as the rising and falling of the atmosphere, are divided into the celestial rotation and the earth's atmosphere. In the exosphere (cosmosphere), annual motion sphere and diurnal motion occur, while in the gravisphere, the atmosphere rises and falls. The celestial rotation and gravitation sphere create a dynamic nature. Conversely, the interior constitutes the terrestrial sphere. The exosphere and the terrestrial sphere create a static nature.

06042-45: 然而静天地〉巓天趺地而居〉動天地》巓持趺転而活》不凌絶頂。則焉弁丘陵之迂邪。

06042-45: そうであるから、静天地は上に天空、下に大地という配置で定位する。動天地は、上の天空が不変性を維持し、下の大地が変化して活動的である。頂上を越えなければ、丘陵の複雑な変化を知ることはできない。

06042-45: Since this is so, static firmament and the earth are settled in an arrangement with the sky above and the ground below. In a dynamic firmament, the sky above maintains constancy, while the ground below is changing and active. One must cross the summit to see the intricate changes of the hills.

06046-52: 運行主象〉転行主気》両円相合。則中外円合〉環守理分》若分其合〉則運圏之所載〉便転圏之所立〉

06046-52: 年周運動は天体が主要な要素であり、日周運動は天気や昼夜の交替などが主たる要素である。ふたつの運動が融合すれば、年周運動・日周運動ともに天球上を移動し、黄軸中心の運動と地軸中心の運動は仕組みを別にする。もし天球での融合を分離すれば、太陽系の惑星の運行は、地球中心系が成立する場所である。

06046-52: The main element of the annual motion is the celestial bodies, while the central element of the diurnal motion is the weather and the alternation of day and night. If the two motions are fused, both annual and diurnal motions move on the celestial sphere, and the mechanism of the yellow-axis-centered motion and the earth-axis-centered motion are separate. If we separate the fusion on the celestial sphere, the planetary motion of the solar system is where the geocentric system is established.

06053-56: 転圏之所立〉実地占之〉転圏之所載〉便運圏之所立》運圏之所立》虚天占之》

06053-56: 日周運動圏が成立する所は地球が中心を占め、その圏を周回するところに年周運動圏が成立している。年周運動圏が成立するところは宇宙空間である。

06053-56: The earth occupies the center where the diurnal motion sphere is established, and the annual motion sphere is established where the earth orbits it. The sun-centered sphere is established in outer space.

06056-61: 出地球之所実〉則水球燥球相重〉見天趺粲爛之文〉静天以影充其中〉踰天趺之所虚》則日規月規相重》遇地趺錯雑之章》動天以燥居其中》

06056-61: 地圏が結実するところを出れば、水圏と大気圏が重なり合い、天の星々の燦爛たる紋様を現す。宇宙空間は闇がその中を満たしている。天の星々のその燦爛たる紋様が薄らぐところでは、太陽の軌道と月の軌道が重なり、大地の錯雑とした紋様を照らす。活動的な自然は大気圏にその姿をあらわす。


06056-61: Once out of the fruition of the ground, the hydrosphere and the atmosphere overlap to reveal the brilliant pattern of the heavenly stars. Darkness fills the cosmic space. Where the brilliant pattern of the stars in the heavens fades, the orbits of the sun and the moon overlap, illuminating the confused pattern of the ground. Active nature manifests its phenomena in the atmosphere.

06062-69: 静地之所露〉而動天隠〉動地之所見》而静天没》静中虚実分居〉動中運転分行》是以同是一日月〉以為東行〉以為西行〉或為南照》或為北照》

06062-69: 地球圏が現れる領域には天体の運動領域は存在しない。重力圏には地球圏は存在しない(*1)。地球圏は大気圏と地球に分かれる。天体の運動領域は年周運動と日周運動に分かれている。だから、同じ太陽と月が日周運動と年周運動をして南半球も北半球も照らしている。

 注*1: 「玄語」の体系では、重力圏は物質界の非物質領域に存在し、地球と大気圏は物質界の物質領域に存在する。実際には重なり合っているのだが、存在領域が違うのでこういう記述が成立するのである。

05911と05912に次の文があるが、漢文というより論理式に近い。「玄語」の文は概ねこういう文である。

05911: 転持は動天地なり〉
05912: 虚実は静天地なり》

05911: 転持(動天地)→天体の回転領域と重力圏。 転(動天)=天体の回転領域。持(動地)=重力圏
05912: 虚実(静天地)→大気圏と地球(地球圏)。 虚(静天)=大気圏。    実(静地)=地球

05911: 転・持=動天・動地 ⇒ 転=動天・持=動地 文を書き変えれば「転は動天にして持は動地なり」でもよい。
05912: 虚・実=静天・静地 ⇒ 虚=静天・実=静地 文を書き変えれば「虚は静天にして実は静地なり」でもよい。

the left two is clickable

06062-69: There is no domain of motion of celestial bodies in the region where the Earth's sphere appears. There is no earth sphere in the gravitropic sphere (*1). The Earth's sphere is divided into the atmosphere and the Earth. The domain of motion of celestial bodies is divided into annual motion and diurnal motion. Therefore, the same sun and moon illuminate both the southern and northern hemispheres with diurnal and annual motions.

 *1 In Gengo's system, the gravitropic sphere exists in the immaterial domain of the material world, while the earth and the atmosphere exist in the material domain of the material world. They overlap, but their domains of existence differ, which is why this description is valid.

06070-74: 地質静物〉天象動物》天行周地〉象行周天》天行回象。象翻周地。

06070-74: 地球は静止的である。天体は動くものである。天体は地球を周回し、恒星群は天球を巡る。天球は恒星を回転させる。恒星群は天球となって地球を廻る。(注)

 注: この文の翻訳は困難である。梅園はプラトン大年を知っていたし、天の川が星雲であることも知っていた。それらは第二主著『贅語』に書かれていると思われる。また麻田剛立との書簡などを精査する必要がある。この文は惑星の視運動と関係があるかもしれないが分からない。

06070-74: The earth is stationary. Celestial bodies are moving objects. Celestial bodies orbit the Earth, and star groups orbit the celestial sphere. The celestial sphere rotates the stars. Star groups orbit the earth as the celestial sphere.The translation of this statement needs to be revised. Bien knew about Plato's Great Year and that the Milky Way was a nebula.

 *1 The translation of this statement needs to be revised. Bien knew about Plato's Great Year and that the Milky Way was a nebula. These are believed to be written in his second main work, Zeigo. It is also necessary to scrutinize his correspondence with Goryu Asada(1734-1799). These are believed to be written in his second main work, Zeigo. It is also necessary to scrutinize his correspondence with Goryu Asada. And the statement may have something to do with the visual motion of the planets, but it is unclear.

06075-79: 日環東線成一転〉高卑別輪〉周天在其中〉而其間〉星東移〉天西移〉月環月道成一転》高卑別輪》周天出其外》而其間》日東往》交西後》故周天之会期。非各天之成紀也。

06075-79: 太陽は黄道を通って天球を一周する。南中点の高いときの軌道と低いときの軌道は異なっている。太陽が黄道を一周するのはその間である。そうしてそのあいだに星々は東に移り、西に移る。月は白道を通って天球を一周する。月の位置が高いときの軌道と低いときの軌道は異なっている。白道はその外つまり天球にある。そうしてそのあいだに太陽は東に行く。(「交西後》故周天之会期。非各天之成紀也。」は意味不明。)

06075-79: The sun circles the celestial sphere through the ecliptic. The orbits at the high and low south midpoints are different. It is during this time that the sun circles the ecliptic. During this time, the stars move eastward and westward. The moon circles the celestial sphere through the white path. The orbits of the moon at high and low positions are different. The white path is outside of it, i.e., on the celestial sphere. The sun moves to the east during this time.(「交西後》故周天之会期。非各天之成紀也。」The meaning is unclear.)

06080-85: 日月周天為順行〉周地為逆行》神為也。天会日則一歳成〉日会地則一日成》天成也。是以日月之体〉会而朔成〉違而望成〉運転之線》会而分成》違而至成》

06080-85: 太陽と月が天球を廻る運動を順行とし、地球を廻る運動を逆行とする。これは活動性の為すところである。太陽が天球を一周するのを一年とし、地球を一周するのを一日とするのは、時間の成立である。ここを以て太陽と月は天球の軌道上で回合して満ち欠けを為す。回合しなければ満月と成る。日月の運行は、合えば月面に影を作り、離れれば満月と成る。

06080-85: The motion of the sun and moon around the celestial sphere is forward motion, while their motion around the earth is retrograde. That is due to the nature of the activity. The sun's revolution around the celestial sphere makes a year, and its revolution around the earth makes a day, which is the formation of time. The sun and the moon must meet in their orbits around the celestial sphere to wax and wane. If they do not, the moon is full. When the sun and moon are in phase, they cast shadows on the moon's surface; when they are out of phase, the moon is full.

06086-92: 分者春秋之中〉至者冬夏之端》混地二用。一面一背。我所居為面。所不居為背。所面可観〉所背可察》故面北之地者背南〉

06086-92: 昼と夜の長さが等しくなるのは春分と秋分においてである。夏至は日照時間が最も長く冬至は最も短くなる。地球にはふたつの相反する側面がある。自分の居るところを表とすれば、対象の位置にいる人は裏にいることになる。自分がいる所は直接見ることが出来るし、反対側は察することが出来る。だから、北半球にいる人は南半球を裏とする。(注)

 注: 江戸時代の人々は、大地は四角だと思っていた。この時代にもたらされた地球が丸いという自然観は梅園だけでなく江戸の学者たちを大いに驚かせた。天も地も球体であるという古代ギリシャの自然観が日本に伝わるまでに、じつに二千年かかっている。最初にそれを知ったのは、戦国武将の織田信長であった。かれはキリスト教伝道師ルイス・フロイスからそれを聞き、また天球儀を贈られている。しかしそれをすぐに庶民に知らせることはしなかった。梅園がその事実を知ったのは200年後である。

06086-92: Day and night are equal in the vernal and autumnal equinoxes. The summer solstice has the most extended daylight, and the winter solstice is the shortest. The earth has two opposing sides. If someone is on the front side, the person in the oposite position is on the backside. He can see where he is and perceive where another one is on the other side. A person in the northern hemisphere is on the reverse side of the southern hemisphere.(*1)

 *1 People in the Edo period believed that the ground was square. The view of nature that the earth was round brought to Japan at this time astonished Baien and the scholars of the Edo period. It took 2,000 years for the ancient Greek view of nature that the heavens and the ground were spherical to reach Japan. The first person to learn of this was the warlord Oda Nobunaga. He heard about it from the Christian missionary Luis Frois, who also presented him with a celestial globe. However, he waited to inform the general public about it.

06093-99: 日北則夏〉南則冬〉当北向之衢則春〉当南向之衢則秋〉面南之地者背北》故日北則冬》南則夏》

06093-99: 北半球においては、太陽が北に向かえば夏になり、南に向かえば冬になる。太陽が春分点に当たれば春になり、秋分点に当たれば秋が来る。南半球に居る人は北半球を見ることができない。だから太陽が北に向かえば冬になるし、南に向かえば夏に成る。

06093-99: In the Northern Hemisphere, when the sun faces north, it is summer; when it faces south, it is winter. If the sun coincides with the vernal equinox, spring comes; if it coincides with the autumnal equinox, fall comes. People in the Southern Hemisphere cannot see the Northern Hemisphere from that place. Therefore, if the sun faces north, it is winter; if it faces south, it is summer.

06100-08: 当北向之衝則秋》当南向之衝則春》故混地之経用。一辺降雪〉一辺発雷》是以分面背〉則有昼夜冬夏〉以混地則夏即冬》夜即昼》

06100-08: 太陽が秋分点に一致すれば秋になり、春分点に一致すれば春が来る。だから地球の時間的作用は、北半球が雪の季節になれば、南半球は落雷の季節に成る。そういうわけで、地球は半分ずつに分かれていて、昼夜と季節の入れ替わりがある。だから地球全体では夏と冬、昼と夜が同時に存在しているのだ。

06100-08: When the sun coincides with the autumnal equinox, it is autumn; when it coincides with the vernal equinox, it is spring. So, the temporal action of the earth is such that when the northern hemisphere has a season of snow, the southern hemisphere has a season of lightning strikes. Thus, the earth is divided into halves, with day and night and the seasons switching. That is why the earth has summer and winter, day and night simultaneously.

 06109-06178:まで太陰暦による江戸時代の暦の詳細な記述のため現代日本語訳が困難である。江戸時代はフレックスタイムで、日の出から日の入りまでを六刻ずつに等分していたため、正確なことはわからない。

06109-06178: It is not easy to translate into modern Japanese due to the detailed description of the Edo period calendar according to the lunar calendar. It is not known precisely because the Edo period was based on flex-time, dividing the time from sunrise to sunset equally into six increments.

06109-13: 是以会違交錯之状。日周天而東〉依違西線而西〉月周天而東》依違東線而西〉月道一周東線〉曰一章〉日道一周西線》曰一紀》順逆之可数者成。
06114-17: 地道静而昜矣〉天道動而定矣》以昜地物之往来〉乱而変矣〉以定天物之往来》錯而常矣》
06118-20: 日月運転之会違。人験之於止地。而認其紀。日一周地。刻之於一百。日月一会。倹於三十日。
06121-23: 故日一周天之頃周地三百六十五而贏。與月相会。一十二而贏。得贏而立閏。故曰日。曰月。曰歳。曰閏。
06124-26: 成于交錯之会者也。若以芸芸之数。為実日月之紀也。則亦焉知神為之運。夫天之数。雖能積無数。而亦一焉耳矣。
06127-29: 故奇偶以計紀之。皆出人為。成者。天也。知成者之出于天。而不知為者之非天焉。人之眩于数也。
06130-32: 運者唯運。各行運転。引而不見其極。人欲数天行之神為。置彼百刻二十九日。十二月。三百六十五日等之数。
06133-37: 而知各各一転。会否成于其間。此所回而復者之常成始終。引而行者之竟無始終也。唯人。得而度此之坱坱〉得而刻此之袞袞》
06138-41: 此故長逝者〉無可紀者〉往復者》可以数也》日月星辰。各運又分高卑之行。歩有緩急。各各一転。無違其時。
06142-44: 以竟帰平行。雖帰而各各不相與。雖不相與。而計自日遇転而一周地肇矣。故其気転象運。気一象各也。日一周地之頃。
06145-47: 計為一百。則転之一周地。則九十九刻之余。日一百刻〉月一百零三刻余〉是日月之逆行也〉日之周天〉三万六千五百二十三刻余〉
06148-50: 月之周天》二千七百三十二刻余》是日月之順行也》月道西而一周東線〉六十八万数百余刻〉順行一周〉則逆行六千五百七十七回余〉
06151-54: 日道西而一周西線》凡若干億》順行一周》則逆行之日応其刻也》故西者為逆行之日月〉東者為順行之日月》
06155-57: 説其会違。則月半周天。而不與日望。更進百十刻余為望。一周天。而不及于日。又進二百二十刻余為朔。日三百六十五周。
06158-61: 而転三百六十六周。蓋天道常成〉故其会不差〉人得計之〉地道為変》故会否無常》不可計之》故以暦紀計之。
06162-66: 則日一周地〉之為一日〉日一周月〉之為一月〉日一周天〉之為一歳〉日十二会於月》之為一年》年者。得歳之余而置閏。
06167-69: 均之於循環之間。使不差寒暑者也。是故以天言之。転者西転一始終。而復相積。暦之所紀之日〉則其逆行復地之旧位之期也〉
06170-74: 而月之逆行則不標〉一歳則日順行復天之旧点之期也》而月之順行則数日之合》故一月之紀者及日之時也〉一歳之紀者》日復旧点之時也》
06175-78: 而日月之自行。見於高卑。故今之暦者。紀日月之会期。非謂其周紀矣。故月常半明魄。朔望。成于自地望日月各一周。閏余成于以会而紀。
06179-83: 是以地者一円塊。守正中而居外。天與地反〉日與地比》

06179-83: だから地球はひとつの球体の塊である。地軸を中心として回転しながら天球の中心に存在する。天球と地球は排反事象であり、太陽と地球は星として同類である。(注)

 注: 「比」は同類のもの同士を比較する類推法のことである。

06179-83: Therefore, the Earth is one spherical mass. It exists at the center of the celestial sphere, rotating around the Earth's axis. The celestial sphere and the Earth are incompatible events, and the sun and the Earth are the same in that they are stars.

06182-84: 故転行由経理〉昼夜之所成〉群動之動息之率〉運行由緯理》冬夏之所成》万物之発収之與》烟起気湿〉雷発雪結〉

06182-84: 故に日周運動は地軸を中心とした運動であり、昼夜はこれから生じる。地上の動物類の活動を率いるのは、年周運動がもたらす季節の変化による。冬と夏の訪れは、生き物の活発化と終息化をもたらす。夏は水煙が湧き上がり空気は湿度を増す。また、夏は雷が鳴り冬は雪が降る。

06182-84: Therefore, diurnal motion is around the Earth's axis, from which day and night arise. The seasonal changes brought about by the diurnal motion lead to the activity of terrestrial fauna. The onset of winter and summer bring about the activation and termination of life. In summer, water plumes rise, and the air becomes humid. Summer brings thunderstorms, and winter brings snow.

06185-86: 鳥獣氄革〉艸木栄枯〉物之従発収也〉風狂雨旋》地震天鳴》物之為鬱発也》

06185-86: 鳥や獣の羽や毛が生え変わったり、草木が繁茂したり枯れたりすることは、生物が季節の入れ替わりに従うことである。風が吹き荒れたり雨が風で舞い上がったり、地震が起きたり雷が鳴るのは、物質のエネルギーが充満して突発的に発出するときである。

06185-86: The changing of feathers and hair of birds and beasts and the flourishing and withering of plants and trees are the organism's phenomena following the change of seasons. When the wind blows and the rain flutters in the wind, earthquakes occur, and thunder rumbles, the energy of matter fills up and emanates suddenly.


地冊没部データベースに戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system