General systems theory for the global environmental world

The Life Domain of the Earth and the Sun, twin of celestial sphere


黄鶴版・復元版ともに全編の編集 北林達也(1952~)

超漢字Vによる各分野向け訓読版
訓読指南 五郎丸 延 Goromaru Hisashi



【天地水火】天球・地球・水圏・光圏 Celestial sphere, earth, hydrosphere and photosphere

05911-18: 転持為動天地〉虚実為静天地》體得形而成〉気得性而成》気物體也〉陰陽性也》體為物則天地〉華液乃陰陽之見者。天地能運転呼吸〉( この行は自筆の訂正と初筆を合成した。)

05911-18: 天体の回転運動と大気圏内の昇降運動は動的な自然を造る。大気圏と地球、総じて地球圏は静的な自然を造る。諸物体の姿は形を得て出来る。気候に関わるものは性質を得て成り立つ。気体も物体もともに容積を持つものである。陰的であるか陽的であるかは、存在の基本的な性格である。形態が物質と融合したものが環境である。太陽の光圏と地球の水圏は、陰陽の性質が物質と融合して出来たものである。地球環境世界には一年周期の運動と一日周期の運動、そして大気循環がある。

 注:この「天地水火」は「神物剖析図」の左下に書かれている「水火」である。これを「華液」としないところに妙味がある。論理的には「華液」であらねばならないが「水火」とすることで摩尼宝珠との関係を示唆していると考えられる。クリックすると「玄語」における水火の位置が分かる。注:「華」太陽中心の光熱圏。「液」地球中心の水冷圏。
 

05911-18: The celestial bodies' rotational motion and the atmosphere's ascending motion create a dynamic nature. The atmosphere and the Earth, in general, create a static nature. The forms of various objects are created by acquiring shapes. Climate-related things are formed by acquiring properties. Both gases and objects have volume. Yin or yang is the essential character for all existences. The fusion of form with matter creates the environment. The sun's photosphere and the Earth's hydrosphere result from the fusion of yin and yang properties with matter. The global environmental world undergoes a yearly cycle of motion, a daily cycle of motion, and atmospheric circulation.

05919-24: 気象之行。各為東西。天有気象。西者以北而守〉東者以南而環〉象則一聚一散》聚者明而熱》散者暗而寒》

05919-24: 天文現象の動きには、年周運動の東廻りと日周運動の西廻りがある。宇宙には暗黒と星がある。日周運動は地軸を中心に回転を維持している。年周運動は、黄軸を中心に回転を維持している。恒星は太陽がひとつ近くに現れており、他は遠くに散らばっている。太陽は明るく熱いが、散らばったものは暗く寒い空間にある。

05919-24: The motion of astronomical phenomena rotates eastward for annual motion and westward for diurnal motion. Astronomical phenomena are in the sky. Diurnal motion maintains rotation around the earth's axis. The annual motion maintains rotation around the yellow axis. The fixed stars are scattered in the sky, with one sun appearing nearby and the others scattered in the distance. The sun is bright and hot, while the scattered ones are in dark and cold space.

05925-30: 雖気能東〉而東者象為主〉雖象能西》而西者気為主》若以西行〉為象随之〉則何以日月星辰相南北〉若以東行》専為象之行》則恒星何以斉東西》

05925-30: 偏西風は東廻りに吹くが、東に廻るものは星の年周運動を主とする。同じく西に廻るものは星の日周運動だが、西廻りに移動するものは昼夜の交替を主とする。かくして、西廻りに進むから、夜空の星々がこれに従うとすれば、日月星辰は何を以て南北に動くのだろうか? もし東廻りに移動することが天の星々の進行方向だとすれば、天の星々の西廻りの移動は何に由来するのだろうか。東廻りに進むからそれが天球の動きだとするならば、恒星は何によって年周運動と日周運動をするのだろうか。(注)

 注:この一文が意味するところは果てしなく大きい。この時期、地動説が日本にも紹介され、麻田剛立は地球が動いているということも考えられると言っていたらしい。剛立はヒストリアンだったからあまり抵抗はなかっただろう。しかし、梅園は、考えに考えた挙げ句「構思百端、条理に得ず」としてこれを退け、太陽を中心とした年周運動系と地球を中心とした日周運動系を「反」の関係に置き、両者を「孿胎」(双子のこと)として条理学の中に包み込んだ。

The map is clickable.

 実にこれが三十七年を費やした「玄語」の最後の到達点であった。ここに条理学は完成したのである。それは、天台密教の秘儀の宇宙への実装であったし、日本神話における造化三神の天地創造の仕組みを明らかにするものであった。それは、実にこの地球環境世界が宝珠であることを示すものでもあった。

 「梅園は地動説を知らなかった」「条理学は前近代的である」などというのは、そのような批判が数十年も続いたことを考えると研究不足を指摘せざるを得ない。

(参考 英訳用の日本語訳)
05925-30: 偏西風は東廻りに吹く。天球の年周運動も東廻りである。日周運動は西に廻るが、昼夜の交替も西廻りである。西廻りに進むから、夜空の星々がこれに従うとすれば、日月星辰は何を以て南北に動くのだろうか? もし東廻りに移動することが天の星々の進行方向だとすれば、天の星々の西廻りの移動は何に由来するのだろうか。東廻りに進むからそれが天球の動きだとするならば、恒星は何によって年周運動と日周運動をするのだろうか。

The westerly wind blows in an easterly direction. The celestial annual motion is also eastward. The diurnal motion is westward, and the alternation of day and night is also westward. If the stars in the night sky follow this westward motion, what causes the sun, moon, and stars to move north and south? If moving eastward is the direction of motion of the stars in the heavens, then what is the origin of the westward movement of the stars in the heavens? If the movement of the celestial spheres is due to their eastward motion, what causes the annual and diurnal motion of the fixed stars?

05931-35: 然而由日往影移〉月疾星遅観之〉則象中有緩急〉由西者守定而疾〉東者守環而遅観之》則気中亦有緩急》

05931-35: しかしながら、太陽は動き影は移動し、月は早く惑星はゆっくり動くことからこの問題を観察すれば、惑星の運行にも緩急が有ることがわかる。西向きに動くものは地軸を中心にして一定の速度で速く、東向きに回るものは黄軸を中心としてゆっくり動くことから観察すれば、惑星の星の動きにも緩急があることが分かる。

 注:15759行に「象中之を分てば、曜に象と曰い、影に気と曰う。」と書かれている。「曜」は太陽系の惑星のことである。「影」は、国立天文台提供の下の図のように地球の影のことで、我々は地球の影から夜空を見ている。つまり宇宙の暗黒を「気」と言っているのだ。



05931-35: However, if we observe this problem, we can see that there is also a slow and rapid motion of the planets since the sun moves and its 'shadow' shifts, the moon moves quickly, and the planets move slowly. Observing that the westward motion is fast and constant around the earth's axis and the eastward motion is slow and constant around the yellow axis, we can see that the movement of the stars in the night sky also has a slow and rapid motion.

 Note: The 'shadow' in the upper sentence means the shadow of Earth. Look at the illustration above.

05936-41: 故分而言之〉則気西象東〉合而言之》則気象各東西》蓋西転之一周則近矣〉西者之軸〉為北而竪〉北者之輪〉為西而横〉其中線一規〉即西中也〉

05936-41: だから、分けてこれを書けば、地球の影は西向きに廻り、太陽系の惑星は東向きに廻る。合わせてこれを書けば、地球の影と太陽系の惑星は東西に廻る。さて、西廻りの一周は速い。その回転軸は地軸である。その回転軌道は西向きで地軸に直交する。これが天の赤道である。

05936-41: Therefore, if we write them separately, the Earth's shadow turns arround to the west, and the solar system's planets turn arround east. If we write them together, the shadow of the Earth and the planets of the solar system rotate east to west. Now, the westward revolution is fast. Its axis of rotation is the Earth's axis. Its orbit of rotation is westward and orthogonal to the Earth's axis. That is the celestial equator.

05942-47: 東運之一周則遠矣》東者之軸》為南而竪》南者之輪》為東而横》其中線一規》即東中也》故北軸常守〉南軸常環》

05942-47: 東廻りの一周は遅い。その回転軸は黄軸である。その回転軌道は東向きで黄軸に直角である。それが天の黄道である。だから地軸は常に静止して守り、黄軸は常に地軸のまわりを廻っている。(注)

 注: こういう文から「梅園は地動説を捨てきれなかった」と安直な判断をする人がいるのは残念なことだ。この文は、地球を中心として見た場合の記述である。梅園は、近現代の西欧のような科学的・客観的な世界像を構築しようとしていたわけではない。梅園が太陽中心系が存在することを認めていたことは下図を見れば明らかである。ただ、太陽中心系からは人間と生命世界のための環境世界が構築できないため、書いていないだけである。

 なお、「東運」が太陽中心系の惑星の運行、「西転」が地球中心の惑星の運行である可能性もある。

click and open figure above


05942-47: The planet's eastward revolution is slow. The center of its rotation is the yellow axis. Its rotational orbit is eastward and perpendicular to the ecliptic. That is the celestial ecliptic. Therefore, the Earth's axis is always stationary, and the ecliptic axis always revolves around the Earth's axis.(*1)

*1 Unfortunately, some people make the naive judgment from a statement like this that Umezono could not abandon the geocentric theory. This statement describes the Earth as the center of the universe. Baien was not trying to construct a scientific and objective image of the world as in the modern Western world. It is clear from the figure below that Umezono recognized the existence of the heliocentric system. He did not write it because it is impossible to construct an environmental world for humans and the living world from the heliocentric system.

05948-54: 環者其行遅〉守者其行疾》且西者転気〉東者運象》象雖由東旋而運。亦各自為行。日者。象之主也。路縁東中。故參差之間。取準於日行。

05948-54: 年周運動をするものはその行程が遅い。日周運動するものは速い。加えて、空の西向きの回転は一日の天気を変え、東向きの回転は惑星を率い、季節を変える。惑星にはそれぞれの軌道と周期がある。太陽は、惑星の中心であり、黄道を移動する。だから、惑星の不揃いの周期は太陽を基準にして決める。

05948-54: Those that move in a diurnal cycle are slow in their process. Those in diurnal motion are fast. In addition, a westward rotation of the sky changes the weather for the day, and an eastward rotation leads the planets to change their seasons. Each planet has its activation and period. The sun is the center of the planets and moves through the ecliptic. So, the planets' disparate cycles are determined by the sun.

05955-60: 蓋以西者為正。則東者斜也。猶舟行之不可正対風。避勢斜走。天地之機。一動一止。動在外則東西〉在内則呼吸》東西與呼吸同気也。

05955-60: さて西向きに廻るものを以て天球の基本の運動とすれば、東向きに廻るものは基本の運動とは異なっている。ちょうど、船が正面から風に向かうことが出来ずに、斜めに前進しているようなものだ。天球と地球の運動は、一方は動的であり、もう一方は静止的である。動的なものは、外側の天球においては西廻りの日周運動となり、静的なものは東廻りの年周運動となる。内側の大気圏においては、加熱による上昇と冷却による下降がある。天球の運動も大気の運動も無形のものであることにおいては同じである。

05955-60: If the westward motion is the primary motion of the celestial sphere, the eastward motion is different from the primary motion. It is like a ship moving forward at an angle, unable to face the wind head-on. The celestial sphere's and the earth's motion is dynamic on the one hand and stationary on the other. The dynamic one is a westward diurnal motion in the outer celestial sphere, and the static one is an eastward annual motion. In the inner atmosphere, there is an upward motion due to heating and a downward motion due to cooling. The celestial sphere and the atmosphere's motion are the same in that they are both intangible.

05961-68: 天之為転〉東明則西暗〉西明則東暗〉物従之而為動息〉地之為持》南寒則北熱》北寒則南熱》物従之而為消長》

05961-68: 天空の回転においては、東が明るければ西は暗い。西が明るければ東は暗い。生き物はこの現象に従ってその生命活動を活発にしたり終息させたりする。地球が大気を保持する領域では、南が寒ければ北に行くに連れて熱くなり、北が寒ければ南に行くに連れて熱くなる。生き物の活動はこれに従って増減する。

05961-68: In the sky's rotation, the west is dark if the east is bright. When the west is bright, the east is dark. Creatures activate or terminate their life activities according to this phenomenon. In the region where the earth retains its atmosphere, if it is cold in the south, it becomes hotter as it moves north, and if it is cold in the north, it becomes hotter as it moves south. The activity of living organisms increases or decreases accordingly.

05969-72: 故日影在東西中而東西〉水燥在上下中而上下》上升下降〉上面始転〉東運西転》下面始持》

05969-72: だから、だから太陽と宇宙の暗黒は東西の領域の中で東に廻ったり西に廻ったりする。水と大気は上下の領域の中で上がったり下がったりする。大気は上昇し雨は下降する。外気圏は回転を始め、一年に一回東に、一日に一回、西に回転する。その下の面は大気の保持領域が始まるところである。

 注:ここで重要なことは、梅園が大気圏の上に惑星の回転領域を認めていたということだ。おそらく月がヒントになったのだろうし、それがマテオ・リッチによってもたらされ『天経或問』に書かれれていたアリストテレスの自然学の影響で考えられたこともありうる。筆者は「上に升り下に降り、上面は転じ始める」から人工衛星を連想してしまう。下図を参照のこと。

05969-72: Therefore, the sun and cosmic darkness turn eastward or westward within the east-west realm. Water and the atmosphere rise and fall within the upper and lower realms. The atmosphere rises, and the rain falls. The outer atmosphere begins to rotate, turning east once a year and west once daily. The lower plane is where the holding region of the atmosphere begins.

note: It is important to note that Baien recognized a planetary rotation region above the atmosphere. Perhaps the moon was a clue, or perhaps it was thought of under the influence of Aristotle's natural science, which was brought to us by Matteo Ricci and described in "天経或問. The author associates taht the atmosphere rises, and the rain falls. The outer atmosphere begins to rotate with satellites. See the figure below. It is clickable.


05973-78: 天之無偏覆者〉以西也〉日之無偏照者》以東也》故気有東西之転〉象有順逆之行》西転使日逆行以成年〉東運使日順行以成歳》

05973-78: 天空が地上をあまねく覆うのは西向きに廻るからである。太陽が地上を偏って照らすことがないのは東向きに廻るからである。だから天文気象現象に年周運動と日周運動が在るのだ。西に廻る日周運動は太陽を東に逆行させて年という単位を刻む。東廻りの年周運動は黄道上で太陽を一周させて収穫から収穫までのめぐりを成す。

05973-78: The sky covers the entire earth because it turns to the west. The sun does not shine on the earth unevenly because it rotates in an easterly direction. That is why there are two types of astronomical and meteorological phenomena: annual motion and diurnal motion. Diurnal motion, which is westward, moves the sun backward to the east, marking the unit of the year. The eastward diurnal motion moves the sun around the ecliptic and marks the cycle of time from harvest to harvest.

05979-83: 於是気東西南北〉則象明暗寒熱》明暗得東西而昼夜成〉寒熱得南北而冬夏成》華液能鬱発凝融》

05979-83: ここにおいて、天空は東西南北に動く。つまり、太陽の光と宇宙の暗闇は、明るさ・暗さ・寒さ・熱さを生み出す。明るさと暗さは、地球を東と西に廻って昼と夜に成る。寒さと熱さは太陽の南中点の高低によって冬と夏に成る。太陽の光と熱は宇宙に発散して地球の水は冷えて氷になったり溶けて水になったりする。

05979-83: Here, the firmament moves from east to west, north to south, and south to north. In other words, the sun's light and the universe's darkness produce brightness, darkness, cold, and heat. Brightness and darkness move around the earth in the east and west and become day and night. The universe's coldness and the sun's heat become winter and summer, depending on the height of the sun's south midpoint. The sun's light and heat dissipate into space, and the earth's water cools and turns into ice or melts into water.

05984-89: 天地者体物〉得処而居〉華液者性物》得天地而居》是以天地有運転呼吸〉華液有鬱発凝融》其事同焉。鬱陽発而為火〉凝陰融而為水》

05984-89: 天空と地球は大きさと形を持ち、宇宙に場所を得て存在している。太陽の光圏と地球の水圏は定まった形を持たないが生命を生み出す性質を持つ。それらは地球において、明るさ・暖かさ・命の水としてその性質を現している。これによって地球環境世界は、年周運動・日周運動・大気の加熱と冷却による大気循環を起こす。太陽の光と熱は太陽から発出し、地球の水冷圏は凍りついたり溶けて流れたりする。地球環境世界の天球の回転と大気循環と、生命世界を生み出す太陽の熱と水の流れは、地上に同じ現象を生み出す。

05984-89: The firmament and the Earth have size and shape and take their place in the universe. The sun's photosphere and the Earth's hydrosphere have no fixed form but have life-giving properties. They manifest their properties on Earth as brightness, warmth, and the water of life. That causes the global environment to undergo atmospheric circulation through annual and diurnal motion, heating, and cooling of the atmosphere. Sunlight and heat emanate from the sun while the Earth's hydrosphere freezes, melts, and flows. The celestial rotation and atmospheric circulation of the global environmental world and the heat and water flow of the sun that produces the life world produce the same phenomena on Earth.

05990-95: 天地者長持之物〉解結聚散成於緯〉水火者相換之物》解結聚散成於経》而鬱者止〉発者動》凝者収〉融者発》

05990-95: 地球環境世界は長大な時間存続するものである。水のように融ける・大地のように結実する・樹林のように密集する・花粉のように散るという四つの作用を空間に成立させる。大気の冷却下降と加熱上昇は互いに入れ換わるものである。その四つの作用を時間経過によって発現させる。そうして気圧が下がれば留まり、上がれば動き、両極の氷は凝結し、融けた水は流れ、蒸発する。(注)

 注: 現実の事象を想像しながら訳したが、もっと適当なものがあれば、それを念頭に置いて読んで欲しい。

05990-95: The global environmental world is a long-lived entity. Four actions are established in space: melting like water, solidifying like ground, gathering like a forest, and dispersing like stars. The cooling and lowering of the atmosphere and the heating and rising of the atmosphere are interchangeable. These four actions develop over time. Thus, when the atmospheric pressure falls, it stays; when it rises, it moves, the ice at both poles condenses, and the melted water flows and evaporates.

 Note: The author has translated the text as he imagined the actual events, but if there is something more appropriate, please read it with that in mind.


地冊没部データベースに戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system