General systems theory for the global environmental world

The Life Domain of the Earth and the Sun, twin of celestial sphere


黄鶴版・復元版ともに全編の編集 北林達也(1952~)

超漢字Vによる各分野向け訓読版
訓読指南 五郎丸 延 Goromaru Hisashi



【入形理】 宇宙における球面の構造と直線の構造 Spherical and Linear Structures in Space

05838-45: 物之没露。由体之虚実。体由形而成〉形由理而成》理者気之道路〉形者体之容貌》気不運則形不見。形不見則物不露。体有気物性体。全偏大小。

 この文は、丹念に語彙の解説をしないと意味不明である。下記の翻訳もなぜそのような訳文になるのか見当がつかないだろう。まずこのフォルダが「入形理」であることに注意せねばならない。「形理」という領域に「入」るわけだが、当然、(形/理)である。こういうときは、黄鶴版「玄語」「玄語」の全階層ディレクトリを「形」や「理」で検索し、妥当な文と図を探して照合すると理解できる。

 【物】「本宗」冒頭の「物は性を有し」の物と同じ。「性」は宇宙始原の本性のこと。下図を参照のこと。


 【没】「地冊」「没部」の「没」。物質界の非物質領域・不可視領域。時間・空間・運動軌道。
 【露】「地冊」「露部」の「露」。物質界の物質領域・可視領域のこと。主に天文気象現象。
 【体】諸存在の物質としての存在様態・存在形態のこと。
 【虚】物質を持たないこと。
 【実】物質を持つこと。
 【形】球体・球構造のこと。英語の"sphere"が該当する。地球・水球・大気圏・天球などすべてこの形である。地上の動植物などの多様な形には別の名辞が当てられる。
 【理】重力線のような放射状の直線群のこと。幾何学的には、見えない遠くの星まで含めて天球上のあらゆる星と地球の中心を繋ぐ線。
 【道路】ここでは、目と星を繋ぐ線を想起すると良い。それは光の道路である。

05838-45: 地球環境世界の非物質領域と物質領域は、その領域が空虚であるか実質を持つかによって異なる。地球環境世界の基本の形態は層をなす球構造によってできている。その球構造は地球の中心から伸びる放射状の直線群、いわゆる重力線によって出来ている。その直線群は非物質の道である。球構造は地球・大気圏・天球などの姿である。諸物体の素材となる始原の存在が運ばれなければ地球環境世界は現れない。層をなすそれぞれの球体には、非物質・物質・特性・精緻な組成と機構が有り、全体を包むもの、一方に偏在するもの、天球規模のもの、地表の動植物などがある。

05838-45: The immaterial and material domains of the global environmental world differ according to whether they are empty or have substance. The basic form of the global environmental world is a layered spherical structure. The spherical structure comprises a group of radial lines extending from the earth's center, the so-called gravity lines. These lines are immaterial paths. The spherical structure is the form of the earth, the atmosphere, the celestial sphere, Etc. The global environmental world would only appear if the primordial beings, the materials from which all objects are made, were transported. Each layered sphere has its composition and mechanism, immaterial, material, characteristic, and elaborate, including those that encompass the whole, those that are unevenly distributed on one side, those on a celestial scale, and plants and animals on the earth's surface.

05846-52: 性異則物異。物異則理異。理異則形異。各気随各理。各理成各物。是以天地者静也〉円含直〉転持者動也》矩成規》

05846-52: 存在性格が異なれば必然的に存在するものも異なる*1。存在するものが異なれば、それを成立させる仕組みも異なる。仕組みが異なれば形が異なる。それぞれの無形のものはそれぞれの仕組みに従う。それぞれの仕組みは、存在するものそれぞれを成り立たせる。従って、形態としての自然は静止しており、層を成す球構造は中心から伸びる直線群を含んでいる。天球の回転と地表での上昇と下降は、自然界の運動であり、中心軸は円を描く。

 注*1 「性」(存在性格)は、鳥は空を飛ぶもの、四足動物は地を走るもの、雲は空に浮かぶもの、星は夜空に光るものというようなそれぞれの特性のことで、英語で言えば、"character"や"nature"のことである。なお、「性」を"gender"や"sex"の意味に使うようになったのは、教育を通じての言葉の意図的な貶めである。「性理学」は、宋明理学のことで、江戸時代・明治時代を根底から精神的に支えた学問のことである。

 【性】存在性格。飛ぶもの、走るもの、夜空に光るもの。地球に光と熱を届けるもの。
 【物】物質から形成されているもの。最大規模は天球。別名「大物」。動植物は「小物」。
 【理】仕組み。構造。機構。
 【形】かたち。形態。フォルム。天球規模では球体のこと。
 【気】無形のものの総称。時間・空間・軌道・大気・熱・栄養・感情、etc。
 【矩】地軸・黄軸のこと。
 【規】地球の緯線のような円周のこと。天球も同様。「規矩」は本来はコンパスと物差しのこと。     地球・天球の測位の基準と成る。

05846-52: If the nature of existence is different, what exists will necessarily be different. If the mechanism is different, the form is different. Each intangible thing follows its mechanism. Each mechanism makes each thing that exists possible. Thus, nature as form is stationary, and the layered spherical structure contains lines extending from the center. The rotation of the celestial sphere and its ascent and descent on the earth's surface are motions of nature, and the central axis is a circle.

05853-60: 静謂直円〉動謂規矩》規有東西〉気従而運転〉矩有南北》気従而呼吸》而円布内外〉気以転持〉直有上下》気以発収》内外者円之位也〉上下者直之位也》

05853-60: 静止状態で見れば重力線の様な放射状の直線群と層を成す球面群である。動いている状態で見れば、コンパスで円を描いているようである。円には東向きの年周運動と西向きの日周運動がある。コンパスの軸に当たる地軸には南極と北極がある。大気は赤道で熱せられて上昇し、南極と北極で冷却されて下降する。球の内層は大気圏を構成し、外層は宇宙圏を構成する。天球では無数の恒星が回転し、大気圏では昇降運動が起きる。太陽は熱を発散し、地球の水は熱を吸収する。内層・外層は球体の位相である。上下は、放射状の直線群の位相である。

   
       clickable                 not clickable

05853-60: At rest, it is a group of radial lines and layered spheres like the lines of gravity. In motion, it is like drawing a circle with a compass. The circle has an eastward annual motion and a westward diurnal motion. The earth's axis, which corresponds to the axis of the compass, has a South Pole and a North Pole. The atmosphere is heated at the equator, rises, cooled at the south and north poles, and falls. The inner layer of the sphere constitutes the atmosphere, and the outer layer constitutes the cosmosphere. Numerous stars rotate in the celestial sphere, and ascending and descending motions occur in the atmosphere. The sun emits heat, and the earth's water absorbs heat. The inner and outer layers are phases of the sphere. The high and low are phases of a group of radial lines.

05861-66: 転持者〉気也〉転位占外〉持位占内〉天地者》体也》天位占上》地位占下》天以円為形〉地以直為理》転以規為形〉持以矩為理》

05861-66: 天体の回転運動と大気圏内での昇降運動は、運動であるから非物質である。回転運動の領域は外部を占め、昇降運動の領域は内部を占める。静的に見た天球と地球は形体を持つ。天球は上空を占有し、地球は下を専有する。天球は球形であり、地球は重力線を地上の運動の通路とする。回転運動は円周を形とし、昇降運動は直線を基本の運動経路とする。

05861-66: The rotational motion of a celestial body and its ascending and descending motion in the atmosphere are immaterial because they are motions. The domain of rotational motion occupies the exterior, while the ascending and descending motion domain occupies the interior. The celestial sphere and the earth, viewed statically, have a form. The celestial sphere occupies the sky above, while the earth occupies below. The celestial sphere is spherical, and the earth uses gravity lines as pathways for terrestrial motion. Rotational motion takes the form of a circumference, while the primary path of motion for ascending and descending motion is a straight line.

05867-72: 天者動焉〉地者止焉》天以動而運転分東西〉地以止而環守分南北》故天以運転而動〉以環守而止〉地以土石而止》以呼吸而動》

05867-72: 天球は回転し地球は静止している。天球は回転運動によって太陽中心の年周運動の東廻りと、地球中心の日周運動の西廻りに分かれる。それらは地軸を中心として回転する。地球の岩石層は静止し、大気は地球を循環する。

 注:この文も語彙説明がないと意味不明である。90行ほど先に次の文がある。

06570: 運転は規を為す》 年周運動と日周運動の軌道は円軌道を作る。
06571: 環守は矩を為す》 回転の中心である地軸はその軸と成る。「環守」は地軸のこと。

 注:この図はクリッカブルである。図の中央は本の折り線で、右の図が左ページ、左の図がめくって右頁に描かれている。つまり、決して同時には見えないという仕掛けがある。本の折り線がストローク関数のストロークになっている。
 研究者の間には梅園の宇宙観がティコ・ブラーへ説だという人が居るが、間違いである。西欧の学説になぞらえて日本の思想を解釈するというのは、蘭学が知られて以来の歴史のトレンドだったが、日本には日本独自の天文学があり、江戸時代にかなり進歩していた。梅園のこの天文観は独自のものである。どちらかが中心でなければ気がすまない西洋一神教の宇宙観は捨てねばならない。

05867-72: The celestial sphere rotates, and the Earth is stationary. The celestial sphere is divided by its rotational motion into two parts: the sun-centered eastward rotation of the annual cycle and the earth-centered westward rotation of the diurnal cycle. They rotate around the Earth's axis. The Earth's rock layers are stationary, and the atmosphere circulates the Earth.(*1)

*1 This sentence is also unintelligible without a lexical explanation. Eighty lines ahead is the following sentence.

05947: The yellow axis always revolves around the earth. (This statement is in the earth-centered system.)
05948: The annual motion proceeds slowly.
05949: The diurnal motion is fast.
05950: Diurnal motion causes an alternation of day and night on Earth. It causes the entire ecosystem to move.
05951: Annual motion causes the planets to orbit. (This statement is for a heliocentric system.)

 And observe the diagram above. It is clickable. The figure's center is the book's fold line, the figure on the right is on the left page, and the figure on the left is on the right page after turning the page. In other words, the trick is that they are never visible simultaneously. The book fold line is the stroke of the stroke function. Some researchers believe that Baien's view of the universe is based on Tycho Brahe's theory, but they are wrong.
Interpreting Japanese thought by analogy with Western theories has been a historical trend since Dutch studies were known. However, Japan had its unique astronomy, considerably advanced during the Edo period. This view of astronomy by Baien is unique. The Western monotheistic view of the universe, in which one or the other must be the center, must be abandoned.

05873-79: 運転在東西〉呼吸在南北》天地共理於円中之直。而以為規矩。以円〉而気転面西〉象運面東〉以直》而陰吸陽呼》南北代面》

05873-79: 年周運動は東向きであり日周運動は西向きである。大気の加熱上昇と冷却降下は南半球にも北半球にもある。天球と地球は、その仕組みを地球上で融合させる。そうして地軸と緯線を形成する。地球が球体であることによって昼間の明るさと暖かさは西に向かって移動し、天文現象は東に向かって移動する。上昇と下降の運動であることによって、両極では熱を吸収し、赤道では熱を吐く。南半球と北半球では対称に成る。

05873-79: Annual motion is eastward, and diurnal motion is westward. Atmospheric heating rises and cooling falls in both the southern and northern hemispheres. The celestial sphere and the earth fuse their mechanisms on the earth. Thus, it forms the earth's axis and latitude. The spherical nature of the earth causes daytime brightness and warmth to move westward and astronomical phenomena to move eastward. By ascending and descending motion, it absorbs heat at the poles and exhales heat at the equator. That is symmetrical in the southern and northern hemispheres.

05880-86: 是以。天気南吸〉則地気北発》其用在反面。而其間則水燥之所遊。自下発而升〉地体者止〉万質皆親而著此〉天気者動》万象皆親而之此》

05880-86: ここを以て、太陽の熱気を南が吸収すれば、当然、地球の寒気は北が発する。これは北半球のことである。その間は、水と大気が循環するところである。水が陸地と水面から蒸発して上空に昇り、大地は静止している。動植物はみなこの大地に生きる。大気圏は地球とともに動く。地球から見える天文現象はすべてここで起きる。(注)

 注: ここで書かれている天文現象は、地球を除く太陽系の惑星と天球を構成する概ね六等星くらいまでの星で、宇宙望遠鏡や探査惑星などから見える宇宙空間の天文現象とは別物である。あくまでも地球生態系を構成する環境としての天文現象である。アンドロメダ星雲であっても3.44等星の星であり、大気の影響を受けて光がまたたく。この瞬く光としての星のことを「万象」と言っている。地球から最も近い恒星でも4.22光年くらいの距離にある。我々がみているのは、星そのものではなく、星の光である。この光のことを「象」というのである。数万光年以上も離れた遥か遠くの星や星座そのものは、地球環境世界に影響を与えてはいない。

05880-86: From this point on, if the south absorbs the sun's heat, the north naturally emits the earth's cold air. That is about the Northern Hemisphere. In between is where the water and atmosphere circulate. Water evaporates from the land and sea surfaces and rises into the sky while the ground remains still. All plants and animals live on this ground. The atmosphere moves with the earth. All astronomical phenomena visible from the earth occur here.(*1)

 *1 The astronomical phenomena described here are those of the planets of the solar system (excluding the Earth) and stars up to about sixth magnitude that make up the celestial sphere and are different from the astronomical phenomena in space from space telescopes and exploration planets. They differ from astronomical phenomena in space that can be seen through space telescopes and exploratory planets. Even the Andromeda Nebula is a magnitude 3.44 star, and its light is affected by the atmosphere. As a twinkling light, these stars are the astronomical phenomenon that Baien focused on. The nearest star from Earth is about 4.22 light-years away. What we see is not the star itself but the light of the star. This light is what is described in the last sentence.

05887-90: 親天而之気〉則其勢為軽〉親地而著質》則其勢為重》此以軽浮之勢勝》則雖重而不能沈〉重沈之勢勝》則雖軽而不能浮》

05887-90: 天空と親和性が高くなって気体化すれば軽くなって上昇する。大地と親和性が高くなって水を含めば重くなって大地に着く。浮く力が大きければ、重いものであっても沈むことはできない。重さが勝れば、軽いものでも浮くことはできない。(注)

 注: この文は浮力についての簡単な説明である。

05887-90: If it increases affinity with the sky and evaporates, it becomes lighter and rises. If it increases its affinity with the ground and contains water, it becomes heavier and reaches the ground. Even a heavy object cannot sink if the floating force is large. If its weight is more significant than its weight, even a light object cannot float.(*1)

 *1 This statement is a brief description of buoyancy.

05891-96: 以人造言之。如彼舟。虚以盛軽浮之気。而重沈為之所挙。而不得沈故。沈実之重〉輸于其軽則不沈〉軽浮之勢》輸于其重則不浮》是以軽浮重沈之勢。本非胡越也。

05891-96: 人工のもの例にして説明すれば、例えば船のようなものである。船は何も積んでいないときには空気を積んでいる。だから、重い荷物も浮く力によって浮かされ、沈むことができない。その荷物の重さはその浮かべる力に負けて沈むことができない。逆に、浮かべる力が荷の重さに負ければ浮くことはできない。こう考えてみると、浮く力と沈む力は、拮抗するものである。

05891-96: Let's take a man-made object, a ship for example. When a ship is not loaded with anything, it is loaded with air. Therefore, heavy cargo is kept afloat by the buoyancy force and cannot sink. On the other hand, if the floating force is outweighed by the weight of the load, the load cannot float. In this way, the forces to float and the forces to sink are antagonistic.

05897-05: 而下諸千仞之岸〉重援于下〉而力不可復挙〉(※)蓋何則今試自気中縄以繋石〉而下諸千仞之岸〉重援于下〉而力不可復挙〉

05897-05: そして、その荷を千尋の岸から下ろせば、重さは下に引き、力で上げることができなくなる。いま試みに縄でくくった石を千尋の岸より下ろせば重で引っ張られて揚げることができなくなる。

 注:(※部分に「縄船而挽諸千尋之底〉軽引于上》而力不可復潜》」という文があるが省略する。後続の文が思考実験になっている点が興味深い。) 

05897-04: Moreover, if the load is lowered from the bank over a thousand yards, the weight will pull it downwards, and it will not be able to be lifted by force. Likewise, if someone lowers a stone tied to a rope from the bank, the weight will pull it down, and it will not be able to be lifted.

05906-10: 亦試姑潜身於水底》空器盛気〉綸而上諸千尋之上》軽引于上》而力不可復潜》蓋勢反而力侔事殊而意同焉。

05906-10: また試しに水の底に潜って空気の入った容器を紐で括って千尋の上に上げれば、浮力は上に引いて沈めることができなくなる。これは沈む力と浮く力が反対の力で、沈むか浮くかの違いはあっても道理は同じだということである。(注)

 注: 浮力と重力を力学的に捉えた最初期の記録であろう。

05906-10: Also, if someone dives to the bottom of the water to try, it ties a string around an air-filled container and raises it above a thousand feet. The buoyancy force will pull it upward and prevent it from sinking. That means the sinking and floating forces are opposite, and although there is a difference between sinking and floating, the principle is the same.(*1)

 *1 The description is 250 years old. It is interesting as one of Japan's earliest thought experiments.



地冊没部データベースに戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system