General systems theory for the global environmental world

The Life Domain of the Earth and the Sun, twin of celestial sphere


黄鶴版・復元版ともに全編の編集 北林達也(1952~)

超漢字Vによる各分野向け訓読版
訓読指南 五郎丸 延 Goromaru Hisashi



【本通塞神物】根本にある時間と空間、活動性と物質について Time, space, activity, and matter at the root

05769-75: 蓋体成天地〉性成天神》相得而物含神。居坱坱〉行袞袞》坱坱為処〉袞袞為時》

05769-75: さて、形態領域は諸存在の形態を形成し、活動領域は範疇と活動を形成する。ふたつがひとつに融合して地球環境世界が発動因子の活動力を獲得し、果てしない空間に存在し、悠久の時間を進む。果てしない空間は存在の場所となり、悠久の時間は周期と延長を持つ時間と成る。

05769-75: The form domain forms the forms of existence, and the activity domain forms types and activities. The two fuse into one: the global environmental world acquires the activity of triggering factors, exists in endless space, and moves forward through eternal time. The endless space becomes the place of existence, and eternal time becomes time with cycles and extensions.

05776-79: 坱坱未見方位〉象質動而方位見矣〉袞袞未見歳運》象質交而歳運成矣》坱坱其処〉内外容散結〉袞袞其時》往来成歳運》

05776-79: 果てしない広がりにはまだ方位が現れていない。天文現象と気象現象が現れて初めて方位が現れる。悠遠たる時の流れには未だ年月も大きな歴史の流れも現れていない。天文現象と気象現象が交わってそれが起きる。果てしない広がりであるその場所は、内側に地球を容れ外側に天球を容れる。悠遠たるその時間は、天体の回転が年月と大きな歴史の流れを現す。(注)

 注: 梅園は春分点が天の赤道を一周するプラトン大年を知っていたし、周易などの歳月を超える周期も知っていたので、そういう大きな時の流れを「運」と言っているのであろう。「歳」は「年」と同じ意味であろう。

05776-79: The direction has yet to appear in the endless expanse. Only when astronomical and meteorological phenomena appear do directions appear. Neither the years nor the great flow of history has yet appeared in the eternal flow of time. It occurs when astronomical and meteorological phenomena intersect. The place, an endless expanse, holds the earth inside and the celestial sphere outside. In eternity, the rotation of the heavenly bodies reveals the years and the great flow of history.(*1)

 *1 Baien knew of Plato's Great Year, in which the vernal equinox circled the celestial equator. He also knew of the cycles over the years like "I Ching", so he would probably refer to such a great flow of time as "great year."

05780-87: 散結能塞〉往来能通》塞者以居〉通者以行》通而行者亦塞而住〉塞而居者亦通而移》居者常其体〉行者移其体》

05780-87: 天空に散開するものと地球に結実するものが空間を満たす。往来するものは時間を通じさせる。空間を満たすものはそこに居り、時間を通じるものはそこを行く。時間の中を進むものであっても空間を満たし、空間を満たすものであっても時間の中を推移する。天体類は常に同じものが回転しており、生物類は世代を変えるたびに個体を入れ換える。(注)

 注: 「塞者」は「充塞する者」のことで隙間なく満たすもののことである。『多賀墨卿くんに来たふる書』に、「押し移るを通ずるといい、あらぬ処なきを塞がるという。塞がるとは充塞の塞にして窒塞の塞にあらず。窒塞とはかけ樋など水の通うべきが、ちり、木の葉様の物、通いを閉じて水通わざる様の事にして、充塞はいずくまでも行きわたりて、ひまなき事なり。」と書かれている。

05780-87: What scatters in the sky and what fructifies on Earth fills space. That which comes and goes makes time pass through. That which fills space stays there, and that which passes through time goes there. That which moves through time also fills space, and that which fills space also moves through time. Celestial beings constantly revolve around the same thing, and living beings replace individuals with each new generation.(*1)

 *1 The following sentence from "Reply to Taga" would be helpful.

 The surging on of time we call "passage", and that which fills to the brim every place without exception is "fullness", but it is a fullness that does not block in the way that fallen leaves block the passage of water through a drainpipe. This fullness reaches everywhere, pervading every corner.

05788-90: 昨之天地〉今弗可収〉 以観住之移〉今之事物》無所異於昨》以観移之住》通塞雖精。亦動静之機也。

05788-90: 昨日の世界は、今現在にわずかも存在していない。ここから存在するものの全時間的な移動を見ることができる。今現在の事物は、昨日の事物と異ならない。ここから時間的な推移が全空間的な移動であることが分かる。時間と空間は精緻なものであるが、これも動と静の動きであることに変わりはない。

05788-90: The world of yesterday does not exist even slightly in the present moment. From here, we can see the entire temporal movement of existing things. The things of the present are not different from the things of yesterday. From this, we can see that temporal transitions are total spatial transitions. Time and space are elaborate, but this is still a movement of motion and stillness.

05791-98: 時処〉天也〉神物》物也》天能容物〉物能居天》天地用天神〉天神体天地》是以雖住而為塞者亦移〉雖逝而為通者而住》

05791-98: 時間と空間は事物を超越した場である。発動因子の活動性も、それによって活動する物質も、ともに物質である。超越的な場である時空間は活動性と活動する物質を収容し、それらは時空間に存在する。物質から成り立つ自然は、範疇と活動性によってその姿と活動性を獲得し、範疇と活動性は物質によって成立している自然と一体化している。そうであるから、全宇宙空間に満ち塞がるものであっても時間的であり、現在を去ることによって時間の流れを作るものであっても空間的である。

05791-98: Time and space are space fields that transcend things. Both the activity of triggering factors and the matter that they activate are matter. Space-time, the transcendent field, accommodates the activity and active matter in space-time. Nature, which consists of matter, acquires its form and activity through types and activities, and types and activities are united with nature, which is established by matter. Therefore, even that which fills the entire cosmic space is temporal, and even that which creates the flow of time by leaving the present is spatial.

05799-08: 処容而物居〉天有而神発》時通神運〉処塞物止》止者依中〉運者当今》於是処塞而物居〉時通而期従》常者以歳而成〉変者以運而為》

05799-08: 空間が収容することで地球環境世界が存在する。範疇が包括することで発動因子が活性化する。時間が通じることで発動因子が活動する。空間が満ち塞がれば地球環境世界はとどまる。とどまることは中心に依存する。運動するものは今の一瞬に当たる。ここにおいて、空間は満ち塞がり地球環境世界は存在する。時間は通じ、それぞれの周期が従う。常に変わらぬ天球と天体は年を持って成立し、変化するものは、季節のように入れ替わり、生命の世界に変化をもたらす。(注)

 注: 最後の二つの文の訳出が過剰だと思う人は、この二文が(常/変)(為/成)(歳/運)という対から成立している文であることを理解していない人である。このふたつの文を「常変なる者は歳運を以て為成す」と束ねてひとつの文にしていないからまだ読みやすいのだ。

05799-08: The global environmental world exists because space accommodates it. The inclusion of types activates triggering factors. Triggering factors are activated by the passage of time. When space fills up, the global environmental world stays. To stay depends on the center. That which moves hits the present moment. Here, space fills up, and the global environmental world exists. Time passes, and each cycle follows its course. The ever-changing celestial sphere and heavenly bodies are established with years, and the changing things change, like the seasons, changing the world of life.




地冊没部データベースに戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system