General systems theory for the global environmental world

The Life Domain of the Earth and the Sun, twin of celestial sphere


黄鶴版・復元版ともに全編の編集 北林達也(1952~)

超漢字Vによる各分野向け訓読版
訓読指南 五郎丸 延 Goromaru Hisashi



【方位】方'Direction' は現在と過去と未来のこと。位'Position' は空間における諸存在の位置のこと。
   'Direction' refers to the present, past and future. 'Position' refers to the location of various beings in space.

注:「玄語」は一語一義が原則で「方位」は「方」と「位」の組み合わせである。ストローク関数で書けば、方/位となり。凹/凸 の一方に「方」、もう一方に「位」と書いてぴったり合わせたようなものだ。「宇宙方位図」を見ると、さらに概念が二分割されていることがわかる。

 「方」は時間の流れで、「今」(現在)と「端」(過去から未来への延長)に分かれている。そのため「短」「長」とそれぞれ書かれている。「玄語」の時間論では、山の頂上が稜線をふたつに分けるように、現在を頂点として過去と未来がどこまでも続くという構造になっている。
 「今」は山で言えば頂上に当たり、過去と未来が山の稜線に当たる。この「今」が徐々に上に上がっていくのが時間の進行である。過去も未来もそれに従って伸びていく。宇宙は138億年かけて作られた山である。その山の頂上が地球である。「位」については「中外」で論ずる。


05368-72: 坱然其処。物得之居。然而物則得神而活〉神則得物而立》坱坱不得位〉則何能容物〉活動不得方》則焉能行其神》

05368-72: 空間は果てしなく広がり、諸物体はこの空間に存在する。だからこそ、諸物体は発動因子を得て活動する。発動因子は物質を得て現れる。果てしない空間に定位の一点とその外の広がりが無いのならば、どうして物体を収容することができようか。諸物体の活動が時間の流れを得なければ、どうしてその発動因子を動かすことができるだろうか。

05368-72: Space is endless expand, and various objects exist within it. That is why various objects obtain triggering factors and become active. Triggering factors appear by acquiring matter. How can it accommodate objects if there is no locating point in the endless space and no expanse outside it? If the activities of objects do not gain the flow of time, how can they move their triggering factors?

05373-78: 故。位者〉所立之基也〉物不得処則弗居〉不得位則弗立》植著地而立〉動依地而立》雖依著異。而於立之由地則同也。

05373-78: だから、定位点は物体が定立するための基礎である。物体は空間がなければ存在できない。定位点を得なければ定立できない。植物は大地に根付いて立つ。動物は大地に足をつけて立つ。根付くか足をつけるかの違いは在っても、その存在が大地に由来していることでは同じである。

05373-78: So, the locating point is the basis for an object's establishment. An object cannot exist without space. It can only stand with a locating point. Plants stand rooted to the ground. Animals stand with their feet on the ground. Although there is a difference between being rooted and having feet on the ground, the fact that their existence originates from the ground is the same.

05379-84: 我之與物。已由位而立。由小察大。天地不得位則弗立。故天得地而居〉地得中而立》故外莫所不容〉中莫所不載》

05379-84: 人間と動植物とは既に定位するところがあって存立している。小さなものから大きな物を察するに、地球環境世界もまた定位点を得なければ存立することができない。だから天空あるいは天球は地球を得て存在する。地球はその中心を得て存在する。故にその外の空間は収容できないものがなく、地球の中心は載せないものがない。

05379-84: Humans, plants, and animals already exist in a fixed location. Considering the many oversized objects compared to the tiny beings on the ground, the global environmental world can only exist with a self-locating point. That is why the sky or celestial sphere exists on the Earth. The Earth exists by its center. Therefore, the vast space outside of it can accommodate the whole universe, and the center of the Earth can carry on the whole universe.

05385-91: 方者》所行之路也》置車則箱〉泛舟則水〉故不在上則下〉不在左則右〉居者不能不以位〉行車従軌》行舟従風》故不方東則西》不行従則衡》行者不能不以方》
05385-91: 時間が流れる方向は、事象が進む道である。車があれば何かを運ぶ箱が要るし、船を浮かべるには水が要る。故に、上でないのならば下、左でないのならば右というふうに、存在するものは自分の場所に居るしか無い。車が進むときは軌道に従うし、船が行くときは風に従う。東に向かないときは西に行く。したがって進まないときは、釣り合っているときだ。進むものは方向なしには進めない。

05385-91: The direction in which time flows is the path that events take. If somebody has a car, he needs a box to carry something. If he needs a boat to float, he needs water. Therefore, if it is not up, it is down. If it is not left, it is right, and so on. What exists has to be in its place. When a car goes forward, it follows the track; when a ship goes, it follows the wind. When it is not facing east, it goes west. Therefore, when it does not go forward, it is when it is balanced. What moves cannot move without direction.

05392-97: 位為基〉而物以立〉方為路》而気以行》故宇宙者。経緯之通塞也。時之袞袞〉前後為方〉処之坱坱》中外為位》並其精者也。

05392-97: 定位点はもといとなって物体はここに立つ。時の流れの方向は道となって運動はここを進む。故に空間と時間は、地球環境世界を構成する縦系列と横系列が世界の存在の場としてまた運動の場として現れ出たものである。果てしなく流れる時間は、過去と未来がその方向となる。果てしなく広がる空間は無限小の一点と無限大の広がりがそのもといとなる。ともに自然界の精妙な場である。

05392-97: The locating point becomes a river, and the object stands here. The direction of the flow of time becomes a path, and motion moves through it. Space and time are, therefore, the vertical and horizontal series that make up the global environmental world, appearing as the world's field of existence and movement. The endless flow of time has the past and the future as its direction. The endless expanse of space is based on an infinitesimally small point and an infinite expanse. Both are exquisite fields of nature.

05398-00: 神見転持〉物露天地》愈由其方位。

05398-00: 発動因子は回転運動とそれを保持する運動を現す。物質は天地を構成する。その時間の流れと空間の広がりを基とすることは明らかである。

05398-00: The triggering factors spin. Moreover, they manifest celestial rotational movement and the ability to hold it.




地冊没部データベースに戻る

inserted by FC2 system