General systems theory for the global environmental world

The Life Domain of the Earth and the Sun, twin of celestial sphere


黄鶴版・復元版ともに全編の編集 北林達也(1952~)

超漢字Vによる各分野向け訓読版
訓読指南 五郎丸 延 Goromaru Hisashi



【宇宙】時間と空間 Time and space theory of the gloval envilomental world

05096-03: 物物於期》蓋宇宙以精没〉天地以麁露》天畜動止之機〉地有虚実之体》天雖虚而以動剛其体。何異地之以実堅其体。故麁露之天地。不堅則剛。

05096-03: 諸物体は存在の周期に物体性を与える。さて、空間と時間は精緻であることによって非物質化している。天空は物質化していて目に見え、大地は、手で触れる。天空は天球と天体の回転運動とその内側にある地表の昇降運動を保持している。大地には空虚な大気と堅く充実した岩や山がある。天空は空虚ではあるが、回転運動によってその形態を永久に不変のものにしている。どうして、大地がその形態を硬く充実させていることと違うだろうか。だから、可視的な天空は足元の大地のように堅く充実してはいないが永久に不変である。

05096-03: Various objects give objecthood to the cycle of existence. Now, space and time are elaborate and immaterialized. The firmament is dematerialized and visible; the ground, we touch with our hands. The firmament holds the rotational motion of the celestial sphere and the heavenly bodies and the ascending and descending motion of the earth's surface within it. The ground has a void atmosphere and hard, substantial rocks and mountains. The firmament is void, but its rotational motion makes its form eternal and unchanging. Is there any difference between this and the fact that the ground is rigid and full of form? Therefore, the visible firmament is not rigid and complete like the ground beneath our feet. However, eternal and unchanging.

05104-10: 故地之立物〉天之浮物》堅剛同一。剛処〉日影之象占之〉堅処》水燥之物占之》於是象質隔天地而居〉歳運分転持而行》

05104-10: だから、大地が諸物体をその上に立てることと、天空が星々を浮かべることは、堅密であるか永久不変の形を保つかの違いは在っても、物体を存在させていることにおいては同じである。永久不変の形を保つ天球は、太陽の光と宇宙の暗黒が占有し、堅密な硬い大地は水圏と大気圏が専有する。つまり、水を持たない領域と水を持つ領域は、宇宙空間と地球に分かれて存在する。歳月の移り変わりと季節の入れ替わりは、天空の回転によってもたらされるか、地表の大気の移動によってもたらされる。

05104-10: Therefore, the fact that the ground stands on which objects stand and that the sky floats with stars are the same in that they bring matter into existence, even though they differ in whether they are rigid or maintain an eternal form. The celestial sphere, which maintains its eternal and unchanging form, is occupied by the light of the sun and the darkness of the universe. In contrast, the hydrosphere and the atmosphere occupy the solid and hard ground. In other words, the waterless and watery domains exist separately in the space domain and on the earth. The rotation of the sky brings about the change of the years, months, or days, and the movement of the atmosphere on the earth's surface brings about the change of seasons.

05111-17: 象與質各得其気而配。気象為紀時節之物〉気質為為生化之物》故虚動〉経具也〉実静》緯具也》実静成天地〉而虚動成転持》

05111-17: 宇宙圏と地表の水圏・大気圏はそれぞれその性質や作用を得て分離している。宇宙圏は地球環境世界において、時間と季節を秩序立てるもの、つまり太陽や月を運行させる。水圏や大気圏は、生まれては世代を継いで死んでいくものを誕生させる。だから、宇宙圏で動くものは時間を刻むものである。地球や水圏などは空間に存在と生存の場を作る。そうして運動領域は天体が回転する領域と雲が上り雨が降る昇降運動の領域を作る。

05111-17: The cosmosphere and the hydrosphere and atmosphere of the earth's surface are separated from each other by their properties and actions. Their properties and actions separate the cosmosphere, atmosphere, and hydrosphere. The cosmosphere orders time and seasons, i.e., operates the sun and moon in the global environmental world. The hydrosphere and the atmosphere give birth to living beings. Those are born and die in successive generations. So, what moves in the cosmosphere is what marks time. The earth and hydrosphere create space fields of existence and survival. The domain of motion thus creates a region of rotation for the object and a region of upward motion where clouds rise and rain falls.

05118-21: 転中〉則万象運転〉期在往復循環〉持中》則万質相換》期在生化鱗比》故転物常持一体〉持物毎換其体》

05118-21: 天体が回転する宇宙圏ではすべての天体が年周運動と日周運動をする。その周期は同じ軌道の往復を繰り返す。地球の重力圏では全ての存在物が変化し入れ換わる。その周期は誕生と死亡と世代交代による。だから、宇宙で回転しているのは常に同じ天体である。それに対して、地上の生物は世代を変えるたびにその個体を入れ換える。

05118-21: In the cosmic sphere, where celestial bodies rotate, all objects undergo annual and diurnal motion spheres. Their periodicity is the same orbital back and forth. In the earth's gravitropic sphere, all beings change and are replaced. The cycle is based on births, deaths, and generational changes. Therefore, it is always the same celestial body that rotates in space. In contrast, terrestrial organisms replace their individuals with each new generation.

05122-26: 大物容小物〉有窮居無窮》小物者有窮〉体体相換〉引致之於無窮〉大物者無窮》常持其体》生化一体》生化一体者〉雖生化〉而不露其痕〉故曰無窮〉

05122-26: 天球と地球気象は地上の動植物を収容している。寿命に限りがあるものはその限りがないものの中にいる。動植物には寿命があり、世代ごとに個体を換える。世代交代を繰り返すことによってその存在の延長を際限のないものにしている。天文気象現象には終わりがない。その存在を常に保持し、世代交代しない。世代交代しないものは変化の痕跡を残さない。だから無窮という。(注)

 注: 江戸時代では、太陽は沈んだあと大地の下で消えて、卵が生まれるようにまた新しく生まれて朝日として上ってくると考えられていた。梅園より50年ほどあとの帆足万里でさえそう信じていたらしい。梅園が太陽や月が世代交代しないと書いているのはそういう学説を正すのが目的であったと思われる。

05122-26: Celestial and terrestrial weather accommodates terrestrial flora and fauna. Those with a limited life span are among those without that limit. Plants and animals have a life span and change individuals with each generation. The repeated change of generations makes the extension of their existence endless. Astronomical and meteorological phenomena have no end. They always retain their existence and do not change generations. That which does not change generation by generation leaves no trace of change. That is why it is called endless.

*1 In the Edo period (1603-1867), people believed that it would disappear beneath the ground after sunset, only to be reborn and rise again as the morning sun, just as an egg is born. Even Banri Hoashi (1778-1852), born about 50 years after Baien, apparently believed this. Baien's purpose in writing that the sun and moon do not change generations was to correct such a theory.

05127-28: 体体相換者》亦雖致無窮》以前体非後体》生化之痕顕也》故曰有窮》

05127-28: 前後で個体を入れ換える生物群は、世代交代によって長い年月存在するとは言っても、前の個体と後の個体は別のものであるから、その入れ替わりの痕跡は明瞭である。だから窮まりがある存在である。

05127-28: Even though groups of organisms that switch individuals back and forth may exist for a long time through generational transitions, the traces of their replacement are clear because the previous individuals and the later ones are different. Therefore, it is a distressed existence.

05129-32: 前体與後体一〉則生化行其中〉而其物若無窮〉前体與後体別》則彼化此生》而其物若有窮》無窮者〉終而始焉〉有窮者》始而終焉》

05129-32: 前の個体が後の個体と同一ならば、発生と消滅は同一個体の内部にあるからその個体は永遠に存在するかのようである。前と後で個体が異なるのなら、前の個体は消滅し次の個体が生まれるから、その個体の存続には限りがある。際限なく存続するものは、周期の終わりが次の周期の始まりになるだけだ。限界があるものは、発生すれば消滅する。

05129-32: If the previous individual is identical to the later individual, then generation and extinction are within the same individual, so it is as if that individual exists forever. Suppose the previous individual is different from the later individual. In that case, the previous individual will disappear, and the following individual will be born, so there is a limit to the survival of that individual. For something that continues without limit, the end of one cycle is the beginning of the next. For something that has a limit, it will cease to exist when it occurs.

05133: 雖不同其道。而於生化之通。則一也。

05133: 同一個体で存続するか前後で個体を変えるかの違いはあっても、自然の自己創造の道を進んでいることにおいては(天体類も我々地上の生物も)同じである。

05133: Although there is a difference in whether they continue to exist as the same individual or change individuals before and after, celestial and terrestrial life forms are the same in that they are on the path of nature's self-creation.

05134-41: 人者。麁物也。小体也。身有所画〉生有所尽》以有尽之生〉有所画之身》是以。其智有所囿。以麁小推精大。窒大物〉眩長期》

05134-41: 人間は物質からできた小さな存在である。身体を持って生きる場所を限っている。有限の生命を得て、有限の身体で自他と隔てている。このゆえに、その知力には捕われがあり、その小さな知恵で精緻で壮大な宇宙を推理しようと望む。人は、天の大きさに息詰まり、その悠久の時間に目がくらむ。

05134-41: Man is a tiny being made of matter. He has a body and a limited place to live. He has a finite life and is separated from himself and others by a finite body. Because of this, his intellect is constrained, and he wishes to use his little wisdom to reason about the exquisite and magnificent universe. Man is stifled by the size of the heavens and dazzled by their eternity.

05142-45: 而万物居大物〉衆期従長期》地〉塊焉一円物〉下能為上〉西能為東〉

05142-45: さて、地上の生物は地球環境世界に居る。寿命や昼夜や季節の交代などの諸々の周期は更に長い周期に従う。地球は塊状の球のようなものである。下の下を探っていけば、地球の裏側を突き抜けて空の上に届く。西へ西へと回っていけば、地球を一周して東側に達する。

05142-45: Now, life on Earth is in the terrestrial environment. The cycles of lifespan, day and night, and seasonal cycles follow an even longer cycle. The Earth is like a small sphere. If we probe down below, we can penetrate the backside of the Earth and reach the top of the sky. If a ship goes around to the west, he or she circles the Earth and reaches the east side.

05146-51: 時以気而通〉処以体而塞》塞中〉天動地静〉通中》事移物住》住者定于止〉移者通于行》

05146-51: 時間は生命の流れによって疎通する。空間は物体によって塞がる。空間領域では天空は回転し大地は静まる。時間領域では出来事は推移し生き物は住む。住むものは居を定めてとどまり、移るものは行くままに通じる。

05146-51: The flow of life communicates time, and objects block space. In the spatial field, the sky rotates, and the Earth is still. In the time field, events are in transition, and living things dwell. What dwells stays in place, and what moves goes as it goes.

05152-55: 中者〉止之主〉物居之〉位立之〉今者》移之主》事行于此》物換于此》

05152-55: 定位の一点は諸物体の位置を定める中心である。物体はここに存在しその位置はここに定まる。現在の一瞬は出来事を移動させる。事象はここで起き、物体はこの現在の一瞬で変化する。(注)

 注: これは日本神道で昔から言われている「中今」(なかいま)の論理化である。梅園は「こんちゅう」と読んでいる。西欧の座標軸の交点のような点概念、運動物体の記述に用いられる時間概念とは基本的に異なる。ただし、ここでは後続の文から判断して地軸を意味するものと解釈する。つまり下の図の中心としての中である。「中外方位図」は球体とその中心としての一点を現しているが、下の図は天の赤道をさらにその外から見下ろした図になっている。右の図を参考にしていただきたい。


05152-55: A point of localization is the center that defines the positions of various objects. Objects exist here, and their positions are fixed here. The present moment moves events. Events happen here, and objects change in this present moment.*1

 *1 The statement is a logicalization of the old Japanese Shinto term "Nakaima" (中今). Baien reads it as "Konchu." That fundamentally differs from the Western concept of a point, such as the intersection of coordinate axes or the concept of time used to describe a kinetic entity. However, judging from the subsequent sentence, it is interpreted here to mean the earth's axis. Consider the above diagram as a reference.

05156-61: 中〉立而不移〉今》移而不居》立者〉有位乎中外〉移者》無方乎来去》気質物于坱中〉気象跡于袞中》

05156-61: 地軸は位置を定めて動かない。現在の一瞬は移ってとどまらない。天球は地軸を中心とした回転軌道に位置する。推移する現在の一瞬は過去と未来に対する指向性を持っていない。地球の自然や生き物は空間に出現する。天文現象は時間に暦を残す。(注)

 注: 上の右の図を参照のこと。

05156-61: The earth's axis is positioned and does not move. The present moment does not shift and remain. The celestial sphere is in a rotational orbit around the earth's axis. The transient present moment has no orientation toward the past and future. Nature and creatures of the earth appear in an endless space. Astronomical phenomena leave the calendar in an endless flow of time.*1)

 *1 Refer to the figure on the right above.

05162-65: 気質不物〉則焉得露処〉気象不跡》則焉得紀時》気西象東〉以動而時之紀成〉天外地中〉以静而処之位立》

05162-65: 地上の生き物は物体を獲得しなければどうして存在する場所を獲得できるだろうか。天球が軌跡を残さなければどうして時を刻むことができるだろうか。地上の諸存在は西向きに回転し、天上の諸存在は東向きに回転する。地球と天球が回転することによって時間の時刻や暦が成立する。天球は外に有り地球はその中心にある。静止した位置から地上の位置や天球の座標を決定する。

05162-65: How can earthly creatures acquire a place to exist if they do not acquire an object? How can the celestial spheres mark time if they do not leave traces? The beings on Earth rotate in a westerly direction, and the beings in the heavens rotate in an easterly direction. The rotation of the Earth and the celestial spheres makes time and calendars possible. The celestial sphere is outside, and the Earth is at its center. Humans determine the Earth's position and the celestial sphere coordinates from a stationary position.

05166-69: 坱坱之立〉中不可破〉而外無辺〉雖体一也〉而有一面一背之二用〉袞袞之移》今不可剖》而時無界》雖行一也》而有一往一来之二跡》

05166-69: 果てしない宇宙空間に天球が回転している。回転の中心軸は折れることがない。回転する星々の外は果がない。天球は一体なのだが、南半球と北半球がある。時間はひたすら流れ続けるが、事象が移行する現在の一瞬は分割できない。時間には境い目がなく流れは斉一であるが、往くと来るのふたつの跡を残す。(注)

 注: 上の右の図を参照のこと。「坱坱之処」は果てしない空間のことであるから「坱坱之立」は天球のことである。「一面一背之二用」は北半球と南半球のことである。以下の文から明らかである。
-----------------------------------------------------
06088:  混地二用。一面一背。
06092:  面北の地は南を背にす〉
06093:  日は北すれば則ち夏〉
06094:    南すれば則ち冬〉
06097:  面南の地は北を背にす》
06098:  日は北すれば則ち冬》
06099:    南すれば則ち夏》
-----------------------------------------------------

「往くと来るのふたつの跡を残す」とは、現在への到来と、その軌跡を残す、つまり過去という時間領域を生むことを意味している。梅園の時間論は現代の科学的時間論から見れば独特であるが、生命の成長の時間として見れば不合理ではない。これは「未来」を論じている行で解説する。

05166-69: The celestial sphere is rotating in the endless space. The central axis of rotation never breaks. There is no fruit outside the spinning stars. The celestial sphere is one, but it has a southern hemisphere and a northern hemisphere. Time is a continuous flow, but the present moment can never be divided when events are in transition. Time flows without boundaries, leaving behind two traces: the coming and the going. *1)

 *1 The Japanese language notes explain Baien's unique terminology. Baien, an early scholar who discovered that the earth and celestial sphere are round, explains their character and actions using the "one/(one/one)" logic he discovered.

05170-76: 円中点一心〉外無際涯〉直中見一頃》外隠前後》中也〉中于南〉中于北〉中于西〉中于東〉中于無際涯〉而能維移動者〉

05170-76: 地球や天球には中心があり、外は無限に広い。時間の流れの中には一瞬の現在があり、外は過去と未来を隠す。地軸は天の南極に当たり、天の北極に当たり、天の赤道の西に当たり、また東に当たる。果てしなく広い宇宙空間に定位し、星々の回転運動に斉一性を与える。

05170-76: The earth or celestial sphere has a center, and the outside is infinitely vast. There is a momentary present in the flow of time, and outside hides the past and the future. The earth's axis hits the south pole of the heavens, the north pole of the heavens, the west of the celestial equator, and the east again. It is localized in the endlessly vast space of the universe and gives uniformity to the rotational motion of the stars.

05177-82: 今也》今于前》今于後》不積去而厚後〉不奪来而薄前》而能移静立者》時悠焉一直気》転前為後》収生為化》

05177-82: 現在の一瞬は、過去を現在において観ることを可能にし、未来を現在において観ることを可能にする。過去の時間経過が長くなっても、未来が延長することはないし、未来から現在に時間が到来しつづけることによって過去が短縮されることもない。そうして現在に存在する世界全体を生成させていく。時間は果てのない一方向の流れである。時間は、現在化する前のものを、現在の一瞬を通じて、現在化した後のものに転化する。そして生命を持って活動していたものが死んだら収容して過去のものとする。(注)

05177-82: The present moment makes it possible to see the past in the present and the future in the present. The lengthening of the past does not prolong the future, nor does the continuous arrival of time from the future to the present shorten the past. That is how the entire world that exists in the present is generated. Time is an endless one-way flow. It transforms what was before the present into what is after the present through the present moment.And accommodate in the past time what was active with life.*1)

 注:「玄語」の「前後」つまり過去と未来の時間論は、もし理解できたらそれだけで一本の論文が書けるだろう。「前」が過去、「後」が未来を意味することは既に書いた。3年前といえば3年過去のことであり、3年後といえば3年未来のことだ。ではその未来はどこにあるのだろうか。いまここに樹齢千年の樹があるとする。我々が見ているこの樹は、種の時から千年経過した姿であるから、我々は千年の時間経過をいま目前に見ていることになる。これが「前に今す」(「ぜんにこんす」つまり、過去の全時間経過を現前化する)という文の意味である。実際わたしたちははるかかなたの宇宙の姿を見ることができる。100億年前の宇宙をいま見ることができる。数億年前の化石をいま見ることができる。この文はそういう意味を持っている。
 では、この樹の2千年後の姿はどこにあるのだろうか。当然、2千年後の未来にある。この樹はさらに千年成長しなければならないが、それを見るのは我々より遥かに後の世代の人達だ。樹齢2千年になったこの樹の姿は、あと千年待たないとこの世界に現れない。梅園が言う「後」(未来)はこのような意味での「後」である。この樹の種は2千年前(過去)にあった。こういうものとして「前後」つまり過去と未来を語るのが「玄語」の時間論である。
 こういう観点から「去るを積みて後を厚くせず」を解釈してみる。もし「去るを積みて後を厚くす」であれば、この樹には寿命が無くなっていつまでも成長を続けることになるし、もし「来るを奪いて前を薄くせず」ではなく、「来るを奪いて前を薄くす」であれば、2千年前の種が持っていたポテンシャルは年とともに希薄になって、この樹は寿命を迎える前に枯れてしまう。

 *1 Gengo's theory of time, if understood, would be enough to write a whole paper on itself. The writer mentioned that "before" means the past and "after" means the future. Three years ago means three years past, and three years after means three years in the future. So where is the future?
Suppose there is a thousand-year-old tree here. Since this tree we are looking at has passed a thousand years from the time of its seed, we are looking at the passage of a thousand years in front of us. We can see the universe far, far away: now the universe as it was ten billion years ago. We can see fossils from hundreds of millions of years ago now. That is what this sentence means. In other words, the sentence's meaning is to present the passage of time in the past.
 So where will this tree be 2,000 years from now? Naturally, it will be in the future. The tree must grow another thousand years, but it will be seen by people of a generation much later than ours. Baien's future is "after" in this sense. The seed of this tree was 2,000 years ago. That is how Gengo's theory of time describes the past and the future. Baien's theory of time speaks of life potentials and the time of their emergence, growth, and decline.

05183-86: (重複につき省略, Omitted due to duplication)

05187-90: 観彼水車。輪一辺載水〉仰而来〉一辺潟水〉俯而往》水車輪者有体之往来也〉猶且不見端〉

05187-90: 水車を観ると、転輪の半分は水を載せて上向きに動き、反対側の半分は水を流しながら下向きに動く。水車の転輪は形のある往来であるが途切れることはない。

05187-90: When one watches the water wheel, one half moves upward with water on it, while the opposite half moves downward with water flowing. However, the rolling wheels shape traffic, but not uninterrupted.

05191-95: 前後者》無象之往来也》孰逆而見其首〉孰将而見其尾》蓋時者〉以往来而為前後者也〉期者》由生化而為始終者也》

05191-95: 過去と未来は形のない往来である。誰が時間の最先端が向かってくるのをその先から迎え、また、誰が時間の最後尾が去っていくのをその後ろから送ることができようか。さて時間は往来を過去と未来にするものである。周期は生と死によって始めと終わりを為すものである。

05191-95: The past and the future are formless comings and goings. Who can meet the leading edge of time coming toward it from beyond, and who can send the tail of time leaving it from behind? Time is the past and future of comings and goings. The cycle begins with birth and ends with death.

05196-04: 時有往来〉物当而前後分〉期有始終》時移而成新故》是以天地有前後〉万物有新故》人以始終新旧之質。追駸駸者。於是将迎之間。智有所画。以為疑於天地以今観故。則鴻濛焉。以後観今則今胡不鴻濛焉。

05196-04: 時間には往来がある。物質が現在に現れればその物質の過去と未来を分かつ。周期には始めと終わりがある。時間が経つと新しい・古いという区分ができる。だから、自然には過去と未来がある。自然に存在するすべてのものには新しく出来たものと古くからあるものがある。人は始終新旧の心と身体を以て駸駸と過行く時を追う。だから、死者を送り生まれるものを迎える間が、知恵が働く期間である。その間に世界や自然に疑いを抱き、その間に知った世界からいにしえの世界を考える。必然的に思考は混濁してしまう。逆に未来から現在を見ればやはり混濁したものにならざるを得ない。

05196-04: Time comes and goes. If a substance appears in the present, it divides its time into past and future. A cycle has a beginning and an end. The passage of time creates a new/old division. Therefore, nature has a past and a future. Everything in nature is both new and old. People follow the passing of time with their new and old minds and bodies. Therefore, wisdom is at work during the period between the sending of the dead and the welcoming of the born. During this time, we question the world and nature, and from the world we have come to know during that time, we think about the ancient world. Inevitably, our thoughts become muddled. Conversely, if we look at the present from the future, it must also avoid becoming muddled.

05205-06: 既往将来〉除典籍之所伝〉事跡之推所〉而智之所不至也〉四方上下》除見聞之所及》思慮之所至》而智之所不至也〉

05205-06: 既に去った事象、これからまさに到来しようとする事象は、書物が伝えるところ、伝承された事や事跡から推測できることを除けば、思慮の及ばないところである。

05205-06: Events that have already passed away and events that are just about to arrive are beyond the reach of thought, except what can be inferred from what the books tell us, from what has been handed down and from what has happened.

05207-12: 於所塞。而強通之。故。其所知愈広〉而其所不知愈遠〉其所知愈皦》而其所不知愈矒》欲使混混者粲粲〉欲使粲粲者混混》非誣理。則自蔽也。

05207-12: 人間は、知力の及ばないところを強いて理解しようとする。だからその知識の範囲は広くなり、知らないことは少なくなる。理解できたことは明白であるが、理解の及ばないところはますます暗くなる。思考の限界を超えたことを理解しようとし、理解可能なことを理解の外に置くのは、理性を欺くのでなければ、自ら覆い隠しているのである。

05207-12: Humankind wants to think and understand more than they are intellectually capable. As a result, their scope of knowledge increases, and what they need to know becomes less and less. What can be understood is obvious, but what is beyond comprehension becomes increasingly distant. To try to understand what is beyond the limits of thought and to place what is comprehensible outside the comprehension is to deceive reason and cover oneself with reason.

05213-19: 過則後也〉不及則前也》天往来此間〉物生化此間》知運感応之所為〉当遇会違之所成》於人。則治乱興廃。酬醋黜陟。皆於此。

05213-19: もし何ごとかを人間が理解できればそれは理解した後のことになる。理解が及ばなければ、それは理解する前のことになる。世界はこの間を往来し、生物はこの間に生まれて死んでいく。それは理性の働きと感作と応答の領域であり、その領域における出会いとすれ違いの中で起きることである。世の中が治まったり乱れたり、盛んになったり廃れたり、酒を酌み交わしたり地位が上がったり下がったりすることも、すべてこの間に起きる。

05213-19: If man can understand something, it will be after understanding. If it is not understood, it is before understanding. The world comes and goes in between, and living beings are born and die in between. It is the realm of reason, sensitization, and response and what happens in the encounters and passing in that realm. The world reigning in and out of order, flourishing and cessation, drinking and rising and falling in status all happen during this time.

05220-22: 我生化此。自起滅此。不知無際容有際〉有窮〉通無窮》欲窮此無窮於有窮。難矣。

05220-22: 我々はここに生まれ、生き、そして死に、ここで何ごとかを起こし、何かの理由で終わる。無限の存在が有限の存在を容れ、無限の時間が有限の時間を容れていることを知らずにいる。有限の領域からこの無限の領域を知り尽くそうとしても無理である。

05220-22: We are born, live, and die here. We make something happen here and, for some reason, end up here. We are unaware that infinite existence accommodates finite existence and infinite time accommodates finite time. It is impossible to know the infinite realm from the finite realm.



地冊没部データベースに戻る

inserted by FC2 system