General systems theory for the global environmental world

The Life Domain of the Earth and the Sun, twin of celestial sphere


黄鶴版・復元版ともに全編の編集 北林達也(1952~)

超漢字Vによる訓読版
訓読指南 五郎丸 延 Goromaru Hisashi



【期物】地球環境世界の諸物体と存在の周期について
05029-32: 夫処者容物〉物者居処〉時者率期》期者従時》故物與期偶経緯》

05029-32: さて、空間は諸物体を収容する。諸物体は場所に存在する。時間は周期を率いる。周期は時間に従う。故に諸物体とその存在の周期は互いに連れ合う関係にある。

05029-32: Now, apace accommodates objects. Objects exist in places. Time leads the cycle. Periods follow time. Therefore, objects and their cycles are in a reciprocal relationship.

05033-36: 故雖今能見事〉而弗立諸物〉則将奚為〉雖処能露物》而弗移諸期》則将奚成》期因物而成事〉物因期而畢功》

05033-36: だから現在の一瞬は作用を現すことができるのだけれども、それを物体に起こさなければどうしてその作用を表すことができようか。さらにそれを時間延長に移さなければ、どうして作用が成立するだろうか? 時間延長は諸物体に依って事象を成立させる。また物体は時間延長によってその物体の寿命を終える。

05033-36: So, the present moment can manifest an action, but how can it represent that action if it is not caused by an object? Furthermore, how can an action be formed if it is not transferred to a time extension? Time extension causes events to take place depending on various objects. Also, an object ends its life by time extension.

05037-41: 処者坱然〉物而後有所紀〉時者袞焉》期而後有所紀》其物則天地也〉天有規矩〉成東西南北〉地有拗突〉成湖海山野〉

05037-41: 空間は果てしなく広がっている。何かの物があって初めて空間に秩序を与えることができる。時間は果てしない延長を持つ流れである。何かの周期があって初めて時を刻むことができる。その物とは地球環境世界である。天球には基準があり、年周運動を成す東回りと日周運動を成す西回りがあり、太陽の黄道面に垂直な南軸と、天の北極から南極を貫く北軸がある。地球には凹凸があり、湖・海・山・平原がある。

05037-41: Space is endless. Only when there is some object can space be given order. Time is a flow with endless extension. Time can tick only when there is a cycle of something. That something is the global environmental world. The celestial sphere has a standard, with an eastward rotation for annual motion and a westward rotation for diurnal motion, a south axis perpendicular to the ecliptic plane of the sun, and a north axis that runs from the celestial north pole to the south pole. The earth is uneven, with lakes, oceans, mountains, and plains.

05042-45: 其時則時期也》期有往来》見緩急盈縮》時有会違》示明暗寒熱》

05042-45: その果てしない延長を持つ時間には、出会いと乖離および周期的到来という時間現象がある。周期的到来は天体の回転現象であり、その回転周期には長いものと短いものがあり、また同じく天体の現象として月や他の惑星の満ち欠けなどがある。区切られた時間は往復運動であり速さに緩急がある。周期的運動には出会いと別れがあり、明るさ・暗さ・寒さ・熱さなどを循環させる。(注)

 注: やや難解だが、天文学の知識が不十分だったからだろう。要するに宇宙の時間現象には回転運動と満ち欠けの運動があるということを述べている。

05042-45: The endless extension of time includes temporal phenomena such as encounters, divergences, and cyclic arrivals. Periodic arrival is a phenomenon of rotation of celestial bodies, and its rotation period can be long or short. The time interval is a back-and-forth motion, and the speed can be slow or fast. Periodic arrivals have encounters and partings that cycle through brightness, darkness, cold, and heat.(*1)

*1 It is difficult to understand, but this is likely due to Baien's insufficient knowledge of astronomy. In essence, he states that there are rotational and waxing and waning motions in the time phenomena of the universe.

05045-05050: 故。湖海山野〉依東西南北〉而紀方処〉明暗寒熱》依緩急盈縮》而成節序》天地成物〉節序成期》於是乎。物成事〉期畢功》

05045-05050: それゆえ、湖・海・山・野は、東西南北によって方位と場所を決める。明・暗・寒・熱は、天体の運動の緩急と満ち欠けによる。そうして昼夜と季節の入れ替わりを定める。季節を形成する。ここにおいて、地球環境世界はその事象を形成し、季節はそれぞれの役割を果たす。(注)

 注: 「緩急盈縮」つまり天体の運動の緩急と満ち欠けは、太陽の日周運動が「急」、南中天の上下が「緩」を意味するのだろう。当然「急」が昼夜の交代をもたらし「緩」が季節の循環をもたらす。太陽の動きが地球に反映されるということを述べた分である。「盈」は「盈月」つまり、 新月から満月になるまでの月のことであろう。次第に円くなっていく間の月のことだろう。「縮」は「虧月 きげつ」で、満月から新月までの間の、欠けて細くなってゆく月のことだろう。

05045-05050: Hence, lakes, oceans, mountains, and fields determine direction and location according to east, west, south, and north. Light, dark, cold, and heat are determined by the heavenly bodies' slow and fast movements and phases. Thus, day and night and the alternation of the seasons are determined. The seasons are formed. Here, the global environmental world forms its events, and the seasons play their respective roles.(*1)

 *1 Baien is writing here that the diurnal motion of the Sun is the fast motion, and the ups and downs of the southern central sky are the slow motion. The original text is difficult to understand. Of course, the diurnal motion alternations day or night, and the ups and downs of the southern central sky bring a seasonal cycle. That refers to the relationship between the Sun's movement and Earth's daily and seasonal change. Baien also writes about the phases of the moon.

05051-54: 袞袞不窮〉期則始終〉始終者〉而有長有短〉坱坱無痕》物則天地》天地者》而有大有小》大物居坱坱而不窕〉而小物分天地而並居〉

05051-54: 果てしなく流れる時間は終わることがないが、周期には始めと終わりがあるし、長期のものと短期のものがある。果てし無い空間には何の痕跡もないが、物があればそこには必ず天と地がある。天地には大きなものと小さなものがある。大きなものは地球環境世界を形成する。それは、私たちとともに宇宙にとどまる現実世界である。小さなものは主に動物と植物であり、海に棲んだり陸に棲んだり空を飛んだりしてそれぞれ世界を棲み分けている。(注)

 注: 「窕」は、はるか/あでやか/うつくしい/ふかい/奥深いなどの意味をもつから、「不窕」は、遠い星のようでなく、あでやかであるだけでなく、美しいだけでなく、深遠であるだけでもないという意味だろう。つまり、地球環境世界は私達が日常的に生きている現実世界だという意味であろう。

05051-54: Time, which flows endlessly, never ends, but cycles have beginnings and ends, and there are long-term and short-term cycles. There is no sign of anything in the endless space, but if an object exists, heaven and earth always exist. In heaven and earth, there are big worlds and small worlds. The big world, which forms the global environmental world, is the real world that stays in space with us. The small ones are mainly animals and plants, which inhabit the world by living in the sea, on land, and in the sky.

 *1) The upper statement says that the universe is not a distant mystical entity but an actual entity with us. Baien's philosophy has a firm sense of reality that does not allow us to lose sight of existence in the distance and our life world.

05055-59: 大物従袞袞而不已》而短期追歳月而不及》而大小長短。亦自有統散。統中〉則天大而地小〉転長而運短〉散中》則天地大》而万物小》運転長而衆期短》

05055-59: 天球の回転は果てしない時間に従って終わることがない。生き物は歳月を追うが子孫を残して途中で死んでしまう。地球環境世界・小生物類・長期間存続する星々・世代交代するものなどがあるが、それぞれ自ずから分散し統合している。統合領域においては、天球は大きく地球は小さい。日周運動は一日で一周するが、年周運動は一日では僅かしか動かない。地球環境世界の構成要素を一つ一つ見ると、天球と地球は大きく、地表の万物は小さい。天体の運動は長く続くが、生物の一生は短い。

05055-59: 長期従袞袞而不已》而短期追歳月而不及》而大小長短。亦自有統散。統中〉則天大而地小〉転長而運短〉散中》則天地大》而万物小》運転長而衆期短》

05055-59: 天球の回転は延々と流れる時間に追従し終わることがない。世代交代する生物は歳月を追って生き途中で命が尽きる。しかしながら、長い周期を持って存続する天球・天体類と、世代交代する生物類には、排反対事象による統合と分散が有る。統合すれば天球は大きく地球は小さい。一日の動きで見れば、日周運動の動きは大きく、年周運動のそれは小さい。分散して見れば地球環境世界は大きく、地上の生物は小さい。年周運動と日周運動は果てしなく続き、生物の世代交代の周期は短い。

05055-59: The rotation of the celestial sphere follows the endless flow of time and never ends. The organisms that change from generation to generation live through the years and die. However, there is integration and dispersal due to incompatible twin events between the celestial and astronomical bodies that continue to exist with long cycles and the organisms that change from generation to generation. When integrated, the celestial sphere is large, and the earth is minute. The diurnal motion is long, while the annual motion is short in the daily motion. In a dispersed view, the global environmental world is significant, and terrestrial life is small. The annual and diurnal motions go on endlessly, and the generation cycle of living creatures is short.


地冊没部データベースに戻る

inserted by FC2 system