本宗のファイル番号&行番号&図の番号&図の名称


玄語電子データベースに戻る

本宗の構成
本 宗
陰陽 地球環境を構成するふたつの正反対の力
Two Opposing Forces Comprising the Global Environment
天地 地球環境を構成する諸範疇とそれによって構成される自然
The types that make up the global environment and the nature it comprises

各冊のテーブル表示は、次のような構成になっております。
階層化された項目ファイルの番号梅園全集版の行番号図の番号写本画像初筆復元PDF600dpi



本宗の構成
本宗
陰陽
一二   0100014-00264001写本939復元PDF600dpi
剖対   0200265-00381 ~018写本939復元PDF600dpi
天地
天地   0300410-00444019写本939復元PDF600dpi
四界   0400445-00501 ~ 写本939復元PDF600dpi
二説四界 0500502-00513 ~ 写本939復元PDF600dpi
三説四界 0600514-00582 ~ 写本939復元PDF600dpi
四説四界 0700583-00949 ~ 写本939復元PDF600dpi
    0800950-01110 ~029写本939復元PDF600dpi
自筆復元テキストの記号 PB283は、ぺりかん社刊『三浦梅園資料集』下巻283頁を、
Iwa 389aは『岩波日本思想大系 三浦梅園』389頁上段を示している。

本宗の内容
本宗
陰陽
一二(計算不可能な数と計算可能な数)
Incomputable and computable numbers)
剖対(地球環境を構築する二分木構造)
The binary tree structure that constructs the Global environment)
天地
天地(地球環境)
The Global Environment
四界(地球環境の四つの場)
Four Fields of the Global Environment
二説四界(地球環境の四つの場を再び説く)
Explain again the four places of the Global environment
三説四界(地球環境の四つの場を三度説く)
Explain the four places of the global environment three times
四説四界(地球環境の四つの場を四度説く)
Explain the four places of the Global Environment four times
散(地球環境に広がる森羅万象)
The whole creation spreading out in the global environment


本宗・侌昜の図

 ・本宗侌昜PDF(初筆復元版)

 ・初筆復元版の混成読みPDF(600dpi, 印刷用)

 ・No.001     一不上図

 ・No.002ab    一一相食混成図一合(見開き一合図) (校異あり)

 ・No.003ab    気物相食混成図一合(見開き一合図) (校異あり)

 ・No.004-005   一一相吐粲立図/気物相吐粲立図

 ・No.006ab    分合図一合(見開き一合図)

 ・No.007ab    剖対反比図一合(見開き一合図)

 ・No.008-009   一一精麁(精粗)図/経緯剖対図 

 ・No.010-011   一二精麁(精粗)図/一二食吐図 

 ・No.012-013   一一対待図/神物活立図 

 ・No.014-015   天神天地図/神物剖析図 

 ・No.016ab    事物図一合(見開き一合図)

 ・No.017-018   天数図/人数図 


本宗・天地の図

 ・本宗天地PDF(初筆復元版)

 ・初筆復元版の混成読みPDF(600dpi, 印刷用)

 ・No.019a     天容地居図一合(表)

 ・No.019b-020a  天容地居図一合(裏)/各粗居各精図一合(表)

 ・No.020b-021a  各粗居各精図一合(裏)/天象地質図一合(表)

 ・No.021b-022a  天象地質図一合(裏)/没露隠見図一合(表)

 ・No.022b-023   没露隠見図一合(裏)/宇宙 

 ・No.024-025a   転持図/運転合圏図(表) 

 ・No.025b-026   運転合圏図(裏)/天地図 

 ・No.027-028   日影図/覆載図 

 ・No.029     四界図




inserted by FC2 system