【玄語\地冊\露部\性界\水燥\経緯通塞】73.txtの検索用訓読。 総ルビ訓読版  検索用原文



09466: 故に鬱昜は迸散し〉転に居して通物を為し〉乾光は常に一体を持す〉

09467:   収Aは聚結し》持に居して塞物を為し》潤濁は毎に其の体を換す》故に

09468: 気の聚散〉

09469: 質の解結》

09470: 反すると雖も。亦た比して応す。

09471: 比して応するより之を観れば。則ち

09472: 聚散解結は〉大物の塞なり〉而して

09473: 来去生化は》一気の通なり》

09474: 塞すれば則ち宇の天地なり〉

09475: 通すれば則ち宙の前後なり》

09476: 洪曠攸遠の中は。東西南北 方を紀す〉

09477:         昼夜冬夏 節を紀す》

09478: 天物なる者は精にして〉生化を没して体を通す〉通すと雖も亦た緯に充す〉

09479: 地物なる者は麁にして》生化を露して体を塞す》塞すも雖も亦た経に従す》

09480: 杳眇は識り難しと雖も。而も撫摩は以て之を推す。

09481: 此に反して彼を観る。彼は焉んぞ※さんや。

09482: 地著潤濁の質〉水燥を分して居るを観て〉

09483: 天麗乾光の象》景影を分して居るを知る》故に

09484: 物は虚実 其の地を為す〉而して

09485:   水燥 各おの其の天を為す》

09486: 水物は水気を以て其の天を為す〉

09487:    水質を以て其の地を為す〉

09488: 天地を混して其の混中に遊す〉

09489: 燥物は燥を以て其の天を為す》

09490:    土を以て其の地を為す》

09491: 天地を分して其の粲中に遊す》

09492: 天物は常に其の体を一にす〉而して歳は能く整斉す〉

09493: 地物は其の体を毎に換にす》而して運は能く錯雑す》是に於て

09494: 物は独成せず。水燥の事を用するに。之を日影に於て仰ぐ。故に

09495: 陸水は日に由りて溢涸す〉

09496: 海水は月に従いて消長す》

09497:  日は正に影に対す〉是を以て一寒一暑は〉冬夏を上に為す〉

09498:  燥は正に水に対す》是を以て一長一消は》発収を下に為す》

09499:  日は来して燥は煦す〉

09500:  燥は煦して地沢は融す〉

09501:  影は来して地は粛す》

09502:  地は粛して水沢は凝す》故に

09503:  日は能く水を乾すと雖も〉而も発昜は鼓して〉而して鬱昜は煦す〉故に

09504:  水沢は暑候を以て溢る〉

09505:  影は能く水に和すと雖も》而も散Aは鼓して》而して結Aは粛す》故に

09506:  水液は寒候を以て涸る》

09507:  日なる者は天の昜象なり〉

09508:  月なる者は天のA質なり〉而して

09509:  日月は天中に相い比す〉

09510:  陸なる者は地の昜質なり》

09511:  海なる者は地のA象なり》而して

09512:  海陸は地中に相い比す〉夫れ

09513:  天地なる者は類を以て応する者なり。故に

09514:  日は能く燥中の物を率す〉

09515:  月は能く水中の物を率す》

09516:  陸は発収を以て日に従す〉

09517:  海は潮汐を以て月に従す》

09518:  陸水は発収気中に在り〉

09519:  海気は潮汐質中に在り》

09520:  日行は冬夏を為す〉

09521:  月行は晦望を為す》蓋し

09522:  日影なる者はA昜の両物なり〉

09523:  明魄なる者は一Aの月体なり》

09524:  陸水は夏にして燥煦を得て溢る〉

09525:     冬にして地粛を得て涸る》蓋し

09526:  明暗は両物なり〉

09527:  月の海水に於ける〉

09528:  正に衝けば則ち昜鬱は甚だしくして溢る〉

09529:  傍に衝けば則ち昜鬱は微にして涸る》蓋し

09530:  明の正衝》魄の正衝》

09531:  其の方を専らにすれば則ち水の応する所同じ。是を以て

09532:  朔望の潮汐は其の勢を同じくす。

09533:  上弦下弦は。明魄相い半ばす。是を以て

09534:  其の力 駁りて鬱勢は微かなり。             (駁りて=まじりて)

09535:  潮汐も亦た勢は盛んならず。

09536:  陸物は夏にして長す〉

09537:     冬にして消す》

09538:  海物は晦にして肥す〉

09539:     望にして痩す》是れ晦望の冬夏に等しき所なり。

09540: 日は燥中の物を率す〉而して燥物は能く冬夏を知る〉

09541: 月は水中の物を率す》而して水物は能く晦望を知る》故に

09542: 水は天に生すれば則ち疏して雨を為す〉

09543:   地に老すれば則ち醸して海を為す〉

09544: 燥は陸に達すれば則ち風を為す〉

09545:   海に鬱すれば則ち湖を噴す》

09546:  陸なる者は気を上に煦す〉水を下に滋す〉

09547:  海なる者は水を上に和す》燥を下に鬱す》

09548:  滋液は能く通す〉

09549:  気鬱は能く発す》

09550:  水通の路は〉之を川と謂う〉

09551:  気発の路は》之を窖と謂う》

09552:  水は気中より注ぎて海を為す〉

09553:  気は水中より泝りて潮を為す》

09554:  是れ海水の月に従うなり。夫れ

09555:  水なる者はA物なり〉

09556:  気なる者は昜物なり》

09557:  水と月と相い応す。故に月は上に在れば則ち

09558:  昜気は勢を屈して。而して水中に鬱す。故に

09559:  鬱昜は月の両辺に洩して。而して潮汐を為す。

09560:  朔望にては〉則ち月体は正に衝く〉

09561:  両弦にては》則ち月体は斜に衝く》故に

09562:  昜気の鬱発。勢は同じからざるなり。是を以て涛の大小は斉しからず。

09563:  或るひと曰く。然らば則ち海気は日を以て洩せず。

09564:  月を以て鬱する者は。何ぞやと。

09565:  曰く日は燥に和す〉故に陸物は之に応す〉

09566:    月は水に和す》故に水物は之に応す》

09567:  海中の気は〉月を見て屈す〉猶お

09568:  陸中の水は》火を見て乾するがごときなり》夫れ

09569: 地上一層なる者は〉水の毬なり〉

09570: 水上一層なる者は》燥の毬なり》

09571: 水毬の燥なる者は其の気濁す〉其の性は悍く水を衝きて上る〉是を以て

09572: 雨露の下るは〉陸燥の和に由る〉

09573: 潮汐の泝るは》海気の悍に由る》

09574: 海味の濃は〉水底の鬱蒸に由る〉

09575: 陸気の濁は》地面の湿濁に由る》故に

09576: 天中は燥 疏すれば〉則ち水結して川谷は其の通路を為す〉

09577: 地中は燥 鬱すれば》則ち火発して窖穴は其の達路を為す》

09578:  天中燥疏の盛んなる〉水は滂孛を為す〉

09579:  地中燥鬱の甚だしき》火は山嶽を裂す》

09580: 燥なる者は猶お体を没す〉火なる者は其の鬱して発するなり〉故に

09581: 地昜は地気を鼓舞して〉水湿を蒸騰す〉

09582: 濁して清に入らず〉升して転に入る能わざれば〉則ち

09583: 俯覆して雲霧を為す〉

09584:  雲なる者は水土の気。濁して靄靄なり。

09585:  其の白くして玲瓏たる者は〉象と映するなり〉

09586:  其の黒くして惨澹なる者は》象と隔するなり》

09587:  赤にして亦た空に映る者は〉日光と斜に射すなり〉

09588:  昏にして  地に俯す者は》上面の気 清なり》

09589:  風無ければ則ち綿の如く練の如し。

09590:  風有れば 則ち鱗の如く翼の如し。

09591:  雲霧なる者は。気の質を帯びるなり。

09592:  其の結するや。雨雪を為す。其の解するや散なり。

09593:  散なる者は質の気に之くなり〉

09594:  結なる者は気の質に之くなり》是を以て

09595:  升なる者は則ち其の気を以て能く升す〉

09596:  降なる者は則ち其の質を以て能く降す》

09597:  質を有すと雖も〉而も気に勝る者は升す〉升すと雖も而も其の質は終に降す〉

09598:  気を有すと雖も》而も質に勝る者は降す》降すと雖も而も其の気は終に升す》

09599: 水火は相い撃ちて〉而して怒れば則ち雷電を為す〉

09600:  気は通すれば則ち巳む。鬱すれば則ち火を発す。

09601:  爆竹を以て之を言わんに。其の気は鬱して迫る。

09602:  撃して発するや。轟然として響を為す。是を以てA気 地を封すれば。

09603:  則ち昜は下に鬱す。鬱昜は迫りて発し。衝きて出すれば。則ち

09604:  地は震を有す。

09605:    鳴を有す。

09606:    裂を有す。

09607:    火出を有す。

09608:  衝きて直ちに升らんと欲して。

09609:  中間A気の壅閉に遇えば。則ち

09610:  火勢は愈いよ鬱し愈いよ屈す。

09611:     愈いよ迫り愈いよ激す。

09612:  出でんことを求めて縦横相い衝く。

09613:  闘いて相い撃てば。則ち雷を為し電を為す。

09614:  秋夜は暑さ将に退かんとし。涼しさ将に至らんとするの交。

09615:  必ず閃電有り。俗に稲郎と曰う。

09616:  言うこころは此の物は夜に来れば。則ち稲は必ず子を結ぶ。是れ亦た鬱火なり。

09617:  唯だ発する者は軽く。閉する者は密ならず。

09618:  物と激すること能わずして散するのみ。

09619: A質に逆すれば〉則ち野馬沢※〉火井熱池の気を起こす〉

09620: A性に順すれば〉則ち涼※湖光〉龍燈鬼燐の象を為す〉

09621:  Aは閉すれば則ち昜は鬱して気を起こす〉火山熱池なり〉

09622:  暗は深ければ則ち浅なる者は色を為す》 野火湖光なり》蓋し

09623:  至暗の間は。気有りて暗と融せず。其の気は青くして※の如し。

09624:  見なる者は鬼龍の為すの所と為す。

09625:  龍は未だ龍燈を挑げず〉

09626:  鬼は焉んぞ鬼火を解せん》

09627: 其の変に至りては〉則ち火体は能く天象を争う〉

09628:  火は。或いは地に在りては火を為す〉

09629:     或いは天に在りては象の如し》然りと雖も。皆な一なるのみ。而して

09630:  地火は質を食す〉故に其の火は時に発す〉然りと雖も

09631:  地膩の結する所は〉則ち火は常に有り〉

09632:  天火はAに圍せらる》故に其の火は常に見す》然り而して

09633:  A守の疏する所は》則ち其の火は時に滅す》

09634:  麁濁の昜は〉精清の中に散すること能わざれば〉則ち

09635:  日と暉を争す〉

09636:  月と共に繋す〉

09637:  彗と化し孛と化す〉

09638:  転中の動なる者なり〉象に類する有り〉

09639:  声有りて 天狗と為す》

09640:  声無くして抂矢と為す》

09641:  飛して流星を為す》

09642:  隕して星雨の如し》

09643:  持中の動なる者なり》麁火の類なり》

09644: 水なる者は》已に質を有す》湿なる者は》其の解して融するなり》

09645: 清気は相い逼る》

09646: 雲霧は相い感す》

09647: 独気は重を為す》

09648: 湿体は相い引す》則ち

09649: 降結して雨露を為す》

09650:  雲霧なる者は〉気の蒸蒸として濁中より升するなり〉猶お気の鏡を呵するがごとし〉

09651:  雨雪なる者は》質の津津として清中より来するなり〉猶お露の鏡面に結するがごとし》

09652: 寒温は相い逼りて粛すれば》則ち雪霜なり》

09653: 昜象に逆らえば》則ち霞虹暈の彩を発す》

09654:  地気蒸蒸の暗濁は。

09655:  升浮披布して散すれば〉則ち

09656:  其の気は茫茫として〉而して烟靄を為す〉

09657:  降低分靡して結べば》則ち

09658:  其の質は紛紛として》而して※※を為す》

09659:  烟靄は雲より疎なり〉

09660:  ※※は雨より密なり》

09661:  日月の光。其の薄処より。直に茫茫の烟靄を射れば則ち暈を為す〉

09662:              斜に紛紛の※※を射れば則ち虹を為す》

09663:  其の輪は則ち明は暗を衝き。暗は明を抱くの界なり。故に

09664:  日月は至高なれば〉則ち虹を為し易からず〉

09665:     至低なれば》則ち暈を為し易からず》

09666: 昜性に従えば》 則ち硫礬膏膩の物を為す》

09667: 其の変に至れば》則ち水気は能く物象を奪す》

09668:  清にして体を没する者は能く色を透す〉      (「〉」を補う。)

09669:  清にして体を露する者は能く色を受す》      (「》」を補う。)

09670:  明にして体を有する者は能く光す》

09671:  明にして体を没する者は能く見す》是の故に

09672:  明なる者は色を外に施す〉

09673:  清なる者は色を内に受す》是の故に

09674:  水は天間に遊して〉能く地の物影を受す〉之を天開と謂う〉

09675:    水面に遊んで》能く傍の物影を受く》之を海市と謂う》

09676: 景影中に物有り〉能く循環を為す〉

09677: 影物を影曜と曰う〉

09678: 景物を景曜と曰う〉

09679: 水燥中に物有り》能く鱗比を為す》

09680: 燥物を燥生と曰う》

09681: 水物を水生と曰う》蓋し

09682: 寒熱なる者は発収の気なり〉

09683: 滋煦なる者は》H噴の性なり》

09684: 天は先んじ地は後れ。天は唱し地は和す。

09685: 春夏は滋煦す〉

09686: 秋冬は寒収す》

09687: 燥煦にして生育す〉

09688: 水液にして聚結す》

09689: 其の神は斯に活す〉

09690: 其の物は斯に立す》

09691: 天は動し而して歳は定す〉

09692: 地は静し而して運は変す》

09693: 昼夜は本神の開閉を為す〉

09694: 冬夏は生化の活息を為す》

09695:  地物の生は。潤すれば則ち結す〉

09696:        乾すれば則ち化す》

09697:  火の焼して質を散す〉

09698:  水の潤して質を結す》

09699:  亦た其の徴なり。艸木は土気に長ず〉

09700:          禽獣は食息に長ず》是の故に

09701:  生を為する者は解結よりす〉

09702:  生を養する者は乾潤よりす》夫れ

09703:  寒熱の為す所は則ち冬夏なり〉

09704:  明暗の為す所は則ち昼夜なり》是を以て

09705:  生は。明暗に随いて睡覚す〉

09706:     寒熱に随いて栄枯す》

09707:     覚する者は神の旺なり〉

09708:     睡なる者は本の旺なり〉

09709:  栄なる者は》精華の発なり》

09710:  枯なる者は》本根の復なり》而して

09711:  艸木は栄枯の気に顕なり〉

09712:  鳥獣は睡覚の気に顕なり》

09713:  華葉の夜閉じ昼開くを観れば〉則

09714:  彼も亦た睡覚を具する者なり〉

09715:  禽獣の暖にして孳尾し》

09716:     寒にして※毛するを観れば》則ち

09717:  此れ亦た栄枯を具する者なり》

09718:  唯だ人は神気に長ず〉故に

09719:  羽毛の用を假らず。

09720:  孳尾の時。故に見難しと為す。

09721:  猶お松柏の本気に長じ。而して

09722:  栄枯の時の見難きがごときなり。

09723: 動植の用は気液にして活立すなり〉

09724: 水燥の滋煦を以てBCすればなり》




inserted by FC2 system