右が愛用の硯。左のは、後世のものらしい。


写真がちょっと傾いている・・・。

inserted by FC2 system